カワハギ釣り 2009年05月
FC2ブログ

次回の釣行は…

別に書かなくても…とは思いましたが、この時期は
ほぼ毎週土曜日に○下丸に出没するので、トグロを巻いて
私を待ち受ける方もいるのではないかという自意識過剰な
ことも思っていたりしまして…久比里に行かなきゃイケナイという
変な使命感がありますが…

今度の日曜日は交通費が掛かりますが
勝山沖でマルイカが釣れている事、先日の例会終了後に○近さんに
誘われたこともあって散々悩んだ挙げ句、千葉の宝○丸に向うことにしました。
今日の釣果は105杯!仮に1/3だったとしても30ハイ狙える!…
可能性があるかも知れない状況(^^)
こないだ○近さんに連絡したら既に私も予約人数に含まれているとのこと(^^;)
冷凍庫のマルイカ在庫は残り少なくなってきました。
少しでも長い間マルイカを喰っていたいので頑張ります。



スポンサーサイト



皮研5月度例会(春季大会)

今年はまだ2月に一回早上がりで半日海に出ただけです。
今月も例会が近くなってきたが、また中止でなきゃ良いけど…
と思いながらも何とか出船は可能な予報が出たまま今日を迎える事ができました。

画像 001.jpg

今回は5月なので春の大会、順位に応じて賞品が出ます。参加者は27名。
釣り座の抽選では私は1号船の左舷ミヨシで隣にババさん、大艫には昨年年間3位の○藤さん
等5名、右舷にはミヨシに松○さん、吉○さん、会長夫人等4名の計9人で小網代漁港から
出船。今回も準備が遅れ1投目に間に合わず…最初は確か小網代沖の20m前後の浅場です。
生命反応は結構ありますが全く手が合わずバラシ連発です。周りもバラシは多いのですが隣の
ババさんは着実にポツポツ拾っており口の方も絶好調です(汗。後ろ側(右舷)でも、良型が
ポツポツ釣れていて会長夫人(右舷艫から2番)が良いペースで釣っているようです。

画像 002.jpg

私は釣れてくるのはシロギスばかりでカワハギは掛けても相変わらずバラシ頻発です…。
最初に釣ったのは底から70〜80cmの宙層、ワイドフックでようやく顔を見ます。
始めのタックルは鬼攻極先調子。自作片面アワビ貼り3枚ピラピラ集寄で釣ってました。
しかしその後もペースが上がらずババさんに引き離されるばかり…私が2枚目(26.5cm)
を釣った時点でババさんは7枚、後ろでは会長夫人が11枚とのこと(大汗。
ヤバイ…最悪だ…この時点で恐らくスソだったと思います。
ババさんは余裕綽々で顔がにやけています(^^;)
「うわぁ…今日やっちまったかも(汗」と思いながら、気分転換の意味もあって
久々にA−1を使うことにします。このままでは終われない…
何とか最悪の状況を脱する方策を模索することに。

画像 003.jpg

開始から2時間ぐらいは波が若干高くミヨシは釣りづらく感じてはいましたが真後ろの
松○さんはそこそこ釣っている様子…。
そこで集寄を付けたままワンタッチシンカーを2個付けて、反応(アタリ)の出る動きを
模索し波で上下する船の動きを極力消すように神経を集中させます。
誘いも手を変え品を替え色々試しながらやって釣れ出し10時40分にようやくツ抜けます。
這わせ、ゼロ、タタキ弛ませ等で追加し、ここで一気にババさんを捕らえました(^^)。
このあたりからは雨は降っているものの波は収まりつつあり釣りやすくなってきました。

画像 010.jpg

そこからしばらくお互いに良い勝負を展開しますが、船中釣れない時間に私はポツリポツリ
追加したりして13時過ぎ頃に20枚、一時は撃沈も覚悟する状況でしたが何とか盛り返す
ことに成功。このあたりから城ヶ島沖の40〜45mラインを流していました。
久々の40m。仕掛けに動きを与えやすくするべくシンカーの号数を上げます。
大艫の○藤さんが偵察に来ましたが氏はこの時点で16枚とのことでした。
氏に「追いつくから待ってて♪」と言われますが待ちたくはありません(^^;)
しかし、ここで色気が出てきたこともあって守りに入ってしまいバラシ、掛け損ない
等でなかなか追加出来なくなります。



ヤバイ…本当に○藤さんペースを上げているよ(汗。氏の捲りが始まったようです(怖!
ババさんも復調したようで、一時は私に抜かれてつまんなくなった感じでしたが、
次第に元気を取り戻し口数も増えてきました(^^;)

後ろの○澤さんもコンスタントに釣っていて松○さんは水面バラシや、
船縁付近で取り損なったりしているが前半釣っていたので油断出来ず(汗。
残り時間は15分。また○藤さんが1枚上げる(汗。抜かれたかも…
毎度のことですが必死に釣ってるので正確な枚数が分かりません。
私も5分前あたりに追加し終了。検量へ…そして結果は…。


画像 011.jpg
放流(券)は3枚

ババさんは23枚、○藤さん24枚で…私は数えたら放流3枚の計25枚で左舷の竿頭を
ゲット(^^)。右舷は○澤さん24枚、松○さんと会長婦人のお二方が21枚という結果と
なりました。沖上がり&検量後、ババさんと「他船外してないかなぁ」「いやぁ○江さんは
35枚ぐらい行ってるでしょ」と話してました。

港に戻り、成績発表です。
優勝は2号船の右舷ミヨシ2番○賀さんで37枚!、準優勝は3号船左舷大艫の○郷さんで
34枚!3位は2号船左舷大艫2番で○江さん32枚。私は3号船の坂○さんと同数でしたが
ジャンケンに勝ち総合6位になり竿頭賞もいただきました。
大物賞は前○さんで32cm!羨ましいですねぇ…。

画像 018.jpg
画像 020.jpg

今回は私たちの船が一番釣れなかったようです。って言うか○藤さんが調子が良くなかった
だけかも知れませんが…。何とか竿頭点をゲット出来たのでその点は良かったですが、今回は
たまたまやり直しが可能だった状況だったという事だと思います。皆さんバラシ、掛け損ない
があったようでしたが個人的に言えば今回もミスが多く、反省点も多くあり未熟さを感じた
釣行となりました。

来週からはまた久比里胴の間修行にしようかと思っていましたが…大原、勝山あたりで
マルイカが釣れ出しているようなので○近さんに誘われたのでまだ迷ってます…。
早く返事しなきゃ(汗。

今日参加された皆さん、お疲れ様でした(^^)




剣崎沖(浅場)でのカワハギ釣り

5月16日(土)

最近2回の釣行はマルイカが続いたので久々な感じでした。今回は3人での釣行です。
事前に諸般の事情で名前出し、顔出しNGとのことで…匿名のお方(スゴク釣る人 以下○○
さん)と前日にはtomezoさんから連絡が入り今日来られるとのことで3人で釣る事に
なりました。○下丸で無事合流し出船前には3人で雑談しながらアサリ剥き。
毎回ワクワクできるひと時であります(^^)。

画像 002.jpg

今回の釣り座は右舷。当ブログをたまに(?)閲覧していただいている方も来られていて、
その方が右舷大艫、そこからtomezoさん、私、○○氏と並び釣り座を構えます。
他にも知り合いの方が左舷艫から3番目、ミヨシから2番目には蒲田皮研の山○さん。
カワハギ船は少し混み合う片弦8名の16名。明日の予報が良くないからでしょう。

画像 004.jpg

天気は今にも降り出しそうな曇り空。カンカン照りよかイイかな…と思いながら8時に出船。
剣崎沖に向います。タックルは最初は鬼攻極先調子で予備にA−1をセット。
最初の流しは剣崎に近めの場所で水深は約20m。根周りであることを一応意識しながら
始めます。開始から間もなくtomezoさんがゲットし、渋いながらもその後4枚あたり
まで順調に枚数を重ねます。私も2回目の流しで顔を見られ順調に4枚目までtomezo
さんを追う展開。しかし○○さんは序盤は手が合わないようです。まぁでも…どうせ私は直ぐ
抜かれると思いながら釣ってました(^^;)。しばらくして私は巻く手を止めるほどの大型を
掛けますがハリを伸ばされてバラシます…。逃がした魚は…と言いますが、かなりの大型の
手応えでした。浅場では浮き袋が膨らまないので抵抗が弱まらず細軸のハリでのやりとりは
神経を使ってはいるのですが最近この手のバラシが目立ちます…orz

画像 007.jpg

ここで迷いが…それまでスピード7号で釣っていたのでパワースピードに変更します。
しかし時折ワッペンサイズも混じったりして掛かりも良くない気がしたりして迷いが出てきた
ので、しばらくしてまた元に戻します。

右舷の状況は11時過ぎ時点でtomezoさん、私、そして○○さんも少しエンジンが
掛かり出し、ここで3人5枚で並びます。このペースならツ抜け出来そうだと思いました。
大艫の方も若干遅れてそれに続く感じです。しかし胴の間ミヨシ近辺から4人は全然釣れて
いません。しかし私は、そこから若干ペースが落ち、また大型にハリを伸ばされてのバラシ
が…orz。再度太軸に戻すことを考えましたがペースが乱れる事を避けた方が良いと思い、
そのままスピード7号で釣ってました。最後の方は10mの超浅場で流していましたが、
剣崎沖にこんな浅い場所があったのを初めて知りました(^^;)

画像 005.jpg

やっとツ抜け出来たのは14時頃です(汗。14時半頃に船頭さんが船内情報をゼスチャーで
私に知らせてくれますが左舷ミヨシ側は13枚がいるとのこと。直ぐ山○さんだと分かり
ました(^^;)。それから1枚追加しますが、山○氏も1枚追加したようで終了…
○○さんは終了10分前頃に追加し私と同数で終了しました。

○○さんは序盤どうしたのか?と思ってしまう展開でしたが次第に復調し11枚。
私も11枚で同数。tomezoさんは後半失速してしまいました…。最近課題なのが良型へ
の対応が悪くバラシが多いという事…今回もまた同じ事を繰り返してしまっていてかなり悔い
が残りました…浅場で使用するハリのタイプを含めた選択肢を模索して行こうかと思います。

状況は一日通して曇り空だったこともあり水色はかなり濁っていた感じでした。
最初と最後あたりに剣崎特有の早い潮が流れていましたが、それ以外の時間はトロッとした
流れでたまに緩めの2枚潮がありましたが釣り辛さはそれほど感じませんでした。
久比里の他船も一日通して同じような場所を流していましたが釣果的には似たような感じ
だったようです。タックルは結局最後まで鬼攻を使用し釣り方は色々でしたが宙層では
反応がなかった気がします。

画像 008.jpg

帰り道にはヤ○タ釣具店に寄り小物を購入しましたが、そこで
カワハギシーズン中の定宿でのお知り合いの方と会い少し情報交換。
氏は今日、隣の船宿でカワハギ船だったそうですが激沈したそうです。
帰宅後に他の久比里2軒の釣果を確認したらトップで私らぐらいでした…。
隣の船宿の竿頭は名の知れた常連竿頭の平○氏も同じ感じだったので、仕方ないのだと
思うことにしますが…ミスも目立ち消化不良の一日でした。

画像 011.jpg
1枚リリースしました。

船中釣果は2〜14枚で竿頭は山○氏。前回同船した時も19枚で次頭でした。
これからマークしなくては…(^^;)
次頭は○○さんと私の11枚、右舷大艫の方、左舷知り合いの方8枚と続くといった
状況でしたが予想より渋かったという感想ですね…。

来週は皮研5月度例会ですが年に2会のうち一回目の大会なので出来れば上位に食い込み
たいです。○○さん、tomezoさん、今日はお疲れ様でした…


今週末は…

今週は体調が優れず仕事の方も早退したりする日もあったりしましたが…
熱の出ない風邪って感じですが…原因不明ですが少しは良くなってるので
メキシコに行ったのは3年前なので…関係ないかと思いますが(^^;)

さて、土曜日に久比里から久々のカワハギ釣りに行って来ます。
相模湾はムギ畑…ウハウハのはずの小湊沖は…というわけで…
とりあえずダブルスコアにならないように頑張ります(^^;)


小湊沖でのマルイカ釣り

先日6日のマルイカ釣行では数では自己最高数の20ハイ釣れたが、相対的釣果を考えた
場合、スソではなかったが正直言って不満でした…orz竿頭の1/3…しかも竿頭は、すぐ隣で
釣っていた○近さん…差をまざまざと見せ付けられたわけで…氏は名人クラスなので仕方が
ないといえば仕方がないのですが…後半は4連チャン等もあり「アタリが取れていた」と
言われていましたが、自身、これで良いのか分かってなく確信が持てていません(苦笑。
当日の沖上がりした時点ではマルイカは自分の中ではとりあえずしばらくイイかな…
と頭をカワハギ釣りに切り替えていたので、当日の沖上がり後に佐○さんが予約を入れて
いた日が今日だという事すら覚えていませんでした(^^;)

画像 001.jpg

ただ、先日の状況だったら次は絶対もっと釣れるはずだと思ってはいましたが…。
そんな中で○江さんから、日曜日にパン屋さんと新○丸に行くけど行かないか?
との誘いがあったので、少し考えて再度チャレンジしようという事にして鴨川に今日行って
きました。

2時に○江さんと合流して私の車で元町商店街の昭○ベーカリーへ向うとパン屋さんは
自分の車も出すとのこと…後になって分かったのですが氏は泊って連チャン釣行をする予定
でいたようです(^^;)出船準備を済ませた時点で船長に「明日も乗るよ!」と宣言(^^;)

画像 012.jpg

そんなわけで2台で小湊に向い4時前に港に到着しHATの佐○さん、外○さんとも合流。
佐○さん等は右舷ミヨシ側で私たちは左舷大艫から3つ。なので最初、私は胴の間に入ろう
としましたが○江さんに、こんなとこ座らないで大艫座んなと言われたので大艫で釣ること
になります。左舷大艫の私から○江さん、パン屋さんという並びですが、船内定員いっぱい
の片弦7名の14名で4時40分頃に出船。

マルイカ釣りで大艫は初めてですが…さて、釣り座の利を生かすことが出来るのか?
この界隈の船宿はポイントに早く到着しても5時きっかりにならないと始めないらしい。
最初のポイントに到着したのも5時ちょうどだったので即投入の合図。

最初はアルファタックル海人マルイカ160L、何だかんだでマルイカ釣りではこれが一番
慣れている竿。仕掛けは直結ブラ市販品。これ試しに使ってみなよと極鋭165センサー改
を○江さんから渡されたので後で使ってみることにしました。何か反応は微妙にある感じで
はあるがアタリなのか?アワセを入れると乗った(^^)わりとデカイマルイカがお目見え。
刺身換算で通常のマルイカの2.5ハイ分ぐらいの大きさ。多分自己最大のマルイカだった
が高級オモリ&大艫の相乗効果で獲った1ハイでした。しばらくして竿を極鋭165センサー
改に変更。7時半頃だったと思いますが2ハイ目をゲットし○江さんも2ハイで船内トップ
とのこと(^^;)。この時点で他には船内誰一人として釣れていないらしい…。他には右舷大艫
で計1ハイ上がっただけのようであった(汗。
そんな感じなので船長が水を出し忘れている。誰も釣れていないと思っていたのか
私が「船長〜、水出して〜」と叫ぶと気づきます。ここで船内の視線を感じる(^^)
良く釣れたな…最初に釣っていて良かった(汗 と思いました。

画像 005.jpg

ここでシケて上がれば竿頭だな(笑 とかパン屋さんに喋りで弄られたりする時間を過ごす
が状況は良い方向に向う気配が全くない…水色は、かなり澄んでいるのでそれも良くない
のか?移動の際に佐○さんがこちらの様子を見に来たが向こうもさっぱりでこの時点で○ボ
だとのこと…。船中の状況が少し変化したのは9時35分あたり。
左舷で○江さん、そしてパン屋さん1ハイ目、他に胴の間ミヨシ寄りの人等が1ハイ目を釣る
が私は釣れなかった…いよいよ私(は釣れないという)も皆さんも本領発揮か(苦笑。

画像 007.jpg

しばらくしてパン屋さんに並ばれ2ハイ。○江さんは4ハイ目をゲットしている。
それで「ダントツ」なのだ(大汗。今回は外道が色々ありミヨシで40cmオーバーの
ホウボウが釣れたり私は船縁で落としましたがキントキダイが、私たち3人バタバタと釣れ
ます。私は後半には子ハタを追加。○江さんはカワハギまで釣りあげました。
こんな時までカワハギ釣るなんて…(汗 しょうもないっすよね(^^)
その後、船内全くアタリがなくなったようで集中力が切れ竿を持ちながら寝ている人もちらほら見かけたりする
時間を過ごします。私は高級オモリを投入時、投入器に引っかけ道糸が切れてロストしていましました…
orz恐れていたことが現実に(汗。
○江さんもイカフックからスッテが外れるというトラブルで高級オモリ40号をロスト…。

画像 010.jpg

船内の状況ですが…集中力を切らす人、寝ちゃってる人等が目立ちます。パン屋さんも、今回
の状況の中、釣りを休む時間が多く流しの2/3ほどの時間しか投入していません。氏は…
もう最初に私が釣ってからずっと○田先生、○田名人、○田師匠などと私を「褒め殺し」
するのです(^^;)。そんな言葉でその気になるほど私はお目出度い人間ではありません(^^;)
この喋りに毎回やられているので免疫は出来ていますが、もうタジタジでした(^^;)
船長もこの状況に見切りを付け規定の時間を30分余残して早上がりしました。
○江さんは最終的に5ハイゲットし、その後私は1ハイ追加し3ハイ…
それがワン ツーフィニッシュという結果になりました。
おそらく半分近くの人が○ボだったと思います。こんな状況なので一日通してプチ遊覧船
状態でした。船を降りて船長に○江さんの5ハイが他船も含めてトップらしいとの話です(汗。

私は…マルイカ船初の次頭!…てか大艫という釣り座のおかげであるということを
これほど実感した釣行は今までにありませんでした。オマツリも1回もなかったですし…
やはり大艫は良いですねぇ…。マルイカの場合のみ大艫の確保を意識しようかと思いました。

画像 016.jpg

その後はHATのお2人と私たち3人の5人で近くの海鮮定食屋で昼食をとりながら今日の
反省会。パン屋さんにはここでも「いやあ〜、○田名人の誘いが良かった」とか、その誘い
のおかげで2ハイ釣れたとか私は弄られまくりです(^^;)。しばらく言われそうで怖いです(苦笑。
明日はどうするのか分かりませんが当然煮え切らない様子なので、どこからか出るのでは
ないでしょうか?それにしても、デカマルイカが5,000円、マルイカそれぞれ2,000
円、外道の小さいハタが1,000円となるわけですが…。
来週からまたカワハギ船に復帰しようと思っています。
今日は皆さん、本当にお疲れ様でした…。


今週末は…

当初の予定ではいつものように土曜日に久比里に行き日曜日は休養するつもりでしたが…。
○江さんに行ってみないかと誘われ…マルイカを覚えるなら今の小湊沖はうってつけだし…。
そういった訳で日曜日にまた小湊に行くことになりました(^^;)。
そう言えば前回の釣行後に○近さんはまた新○丸に乗ると言ってましたが同じ日の10日だと
は気にしていなかったので気付きませんでした。そんな訳で皆同じ側で釣るのか…
イカが回って来るか若干不安であります。さて、土曜日どうするか、さっきまで考えてました
が懐も寂しいし、何より疲労が溜まるので日曜日のマルイカだけにします。明日は保険が効く
腰痛センターでのボディケアすること専念します。やっぱりまだカワハギの事が気になって
仕方がないのですが、まぁ、カワハギはいつでも行けるし…。マルイカ美味いし(^^;)



気分転換

5月4日(月)

写真を撮ったので、せっかくなので更新します。
今日は姪っ子たちのリクエストがあり油壺マリンパークに行きました。
例会の集合場所のすぐ近くなので道中、何も新鮮さがありませんでしたが…


画像 006.jpg
チョウザメ&アリゲーターガー水槽


画像 008.jpg
ラブカ。原始サメ、生きた化石


画像 009.jpg
やっぱりいたカワハギ(^^)稚魚可愛いですねぇ…
眺めながら釣るの難しいぞこれは…と考えてました(^^;)


画像 014.jpg
キンチャクダイ、5年前に佐島のカワハギ船で隣でこれ釣った人がいました(^^;)


画像 016.jpg
タカアシガニ。食い出がありそうで美味そう(^^;)


画像 020.jpg
クエ。頭がデカイ…メキシコで釣ったバス思い出しました。

画像 027.jpg
画像 028.jpg
昔飼ってましたタテジマキンチャクダイ(上が成魚下が稚魚)
観賞魚の中ではこれが一番好きです。稚魚から成魚への模様変わりは見事なものでした。

画像 026.jpg
ツバメウオ。これも昔飼っていました。成長が異常に早いです。

画像 030.jpg
メガマウスの剥製標本。世界最大 全長5,688mm 体重1,105.3kg
国内10体目の希少種だそうです。



画像 035.jpg
水族館定番のイルカショー

画像 046.jpg
マリンパークから望む城ヶ島沖

姪っ子達も喜んでくれたし良い気分転換になりました(^^)




今シーズン初マルイカin小湊

あれからずっとカワハギの事が気になってはいましたが、今喰いたいのはマルイカ…。
しかし今シーズンの東京湾、相模湾のマルイカは全く釣れていないので例年なら既にマルイカ
船を出している船宿のほとんどが出船を中断しているような状況…出している船宿も僅かに
あるが、ほとんどがムギイカしか釣れてこない状況の中にあっては特に私のようなヘタッピー
にとっては「幻のイカ」状態である…。



今回はHATの役員でもあり今年から横浜皮研にも入会された佐○さんから小湊の新○丸で
初マルイカに行くという話を聞いたので私も同行させていただく事にしました(^^;)
最近の釣果情報では小湊沖あたりは好調なので、とりあえず私でもツ抜けは堅いと
思いながら向かいましたが前日はチームダ○ワの名人グループの方々が、今日私たちが乗る
新○丸で釣っていたようなので私に釣れるマルイカは残っているのか…(苦笑。
また、パン屋さんと○江さんも近くのポイントを流す さ○し丸で今日出るとのことで、
帰りがけに合流して一緒に昼食&反省会(私だけ?)という流れの予定です。

画像 066.jpg


自宅を出発したのは1時55分頃。朝から雨模様でしたが真夜中なので道中は順調。
久々にアクアラインを通って4時前には到着。所要時間は1時間47分。
4時過ぎに佐○さんと合流し早速船に乗り込みますが、今日は予報が良くなかったので
キャンセルした人が何人か出て、釣り座は広く使えました。とは言っても最高でも片弦7名
しか乗せないので混み合う土日でも東京湾から出る船よりか、その点快適でしょう。
私たちは右舷側でミヨシに佐○さんのお知り合いの方、この方はヤマベ釣りの全国チャンプに
なったことがあるお方だそうでイカ関係も佐○さんと同じく名人クラスだとのことです。
そこから私、佐○さん、知らない釣り人が大艫という並びになり、4時半に8名で出船。

画像 061.jpg


最初はアルファタックルの160Lに自作のちょいブラ枝ス5cm(大体)で始めます。
オモリの指定は35〜40号で、ようやくバ○高いオモリの出番がやって参りました(^^)
船内出だし好調ですがやはりというか私はカヤの外(苦笑。
アタリが分かりません。多分アタっています…たまにアタリが判って巻き上げてバラシ。
全部巻き上げたら3〜4つのスッテにスミがしっかりと着いてます(^^;)
なので下にはマルイカがたくさんいるわけで…。

画像 057.jpg


2回目あたりの流しでようやく1パイ目をゲット。イマイチ釣り方が分からないまま6時頃
までに3ハイ…確かこの時点で隣で釣ってる佐○さんは15ハイぐらい。周りは釣れている
のに…この時は自分で何やってんだかワケ分からないといった感じで釣っていました(^^;)。
ここで「直結の方がアタリが判るよ」と佐○さんからアドバイスをいただきます。全て直結の
仕掛けは用意していなかったので、それからしばらくして、ダ○ワの直結ブラに変えます。
竿も極鋭テク180に変更。確かにアタリは出やすいようで何とか少しですがペースが上がり
ます。向こうアワセ気味で元気良くさわってくるマルイカがいた流しでは、バラシ1ハイ挟ん
での4連チャン。佐○さんには「アタリが判ってきたみたいだね」といわれましたが、はっきり
とアタリが判る流しだっただけのような気もしますが(^^;)アタリを見極めて掛けたのは3割
ほどで後はリズムというかタイミングで乗るといった感じで掛けていました。

画像 058.jpg

途中良型の鯖が釣れ思わぬ土産も確保し処理が判らないので佐○さんにカッ捌いて
もらいますm(_ _)m。そしてあっという間の沖上がりを迎え数えてみると何とか20パイいました。
途中、釣ってすぐに行方不明になりそのまま脱走してしまったイカもいましたが…
良い風に考えれば自己最高数行ったし…と言ったところで隣でバンバン掛けているのを
見て自身のヘタクソさ、センスの無さには思わず自嘲してしまいますね(^^;)。
人には判るアタリが取れてないのが不満です。着ノリ一発は3回ぐらいあって、僅かですが
超高級オモリの効果はあったのではないかと思っています。

帰港後に船頭さんに「俺がスソですよね?」と聞くと、もっと釣れてなかった方がいたようで…
その方はずっとブランコで通していたとのことです。しかし、44ハイの方も枝ス25cmの
ブランコで釣っていました。帰港後の話で佐○さんや船長さん曰くブランコするなら枝スを
中途半端な長さではなくしっかり取り、それに合った釣り方で、直結は直結で、しっかりと
アタリを取る… と話ていたと思います。なるほど…しかしその状況判断が出来るか適切に
行えるかが問題ですね(^^;)。

画像 065.jpg

船中釣果は12〜58ハイで竿頭は58ハイの佐○さん、次点が佐○さんの知り合いの方で
44ハイだったと思います。私は20ハイ(敗(^^;)。1/3か…でもこんなモンですね…。
その後にパン屋さん、○江さんと合流して食事をとりながら今日の結果や釣りに関しての話。
さ○し丸は86ハイでパン屋さん、○江さんは66ハイだったそうです。そして皆さんから
アドバイスいただきましたが…こういったアタリはどういう時に出るのか等解説してくれた
ので、その点は理解出来ましたが、まずそのアタリを捉える事が出来なければ…
やはり回数を重ねて行くしかないのだと思います。
今はまだ気持ちがカワハギに集中しているのでマルイカまではなかなか…(汗。
そんなに千葉に行って釣り出来ないし…相模湾、東京湾が少し良くなったらまた
考えようかと思います。


釣果の画像は帰宅後にと思っていましたが、忘れて捌いてしまいました(汗。
透き通ったマルイカは甘くてコリコリでやはり美味かった(^^)
また佐○さんにヤリイカもいただきましたm(_ _)mごちそうさまです。

次は今週の土曜か日曜日に久比里からのカワハギ地獄&修行に戻ります。



今日も剣崎沖

昨日行く前から体調が悪くなかったら連チャンで行くつもりでいたので
予報的には朝から昨日の午後からの海況とのこと…起きてから少しだけ考えましたが
結局久比里に向かってしまいました。

画像 025.jpg

昨日は久々に20枚釣れましたが今日もそれほど釣れるとは思ってはいませんが…(^^;)
船宿に到着したのは5時45分頃で、昨日に引き続き左舷胴の間を確保。
波高で飛沫をかぶってしまうので剣崎沖に向かう途中はデッキに。
中で蒲田の皮研の方と少し話ししました。私の佐島での定宿でよく同船する
夫婦の方も見えられ、旦那さんはカサゴ船だか鰺船で奥さんはカワハギ船だそうです。

今日も殻付きを剥きましたが冷凍アサリの在庫がかなり溜まって来てしまったので
次回辺りからは冷凍アサリを使わないとヤバそうな状況(^^;)

画像 027.jpg

んなわけで準備を済ませ8時に乗船客14名で出船。
今日も剣崎沖の20m前後。水色は昨日より澄んでいます。
最初のタックルはレッドチューンを使用し、最初からスピード這わせで探ります。
活性は高くエサ盗りも良いのですが、最初からバラシまくりです。
左舷側は左隣に初心者の方でそこから大艫に4名。釣れていませんが
初心者の方が出だし好調で右舷の中では4枚コンスタントに釣って良いペースです。
私は10時15分頃に3枚目を釣るまでに7枚のバラシです。見える範囲では他の方も
バラシが見られましたが私は異常なバラシの数です。これは腕のせい…

画像 028.jpg

最初はパワースピード7.5でしたが、スピード7号、マルセイゴ、フック等色々とハリを
変えても改善できません。開始から3時間ぐらいまでは波は高くなくウネリもないし原因が、さっぱり解らないまま釣ってました。這わせ系でほぼ全て掛けましたがアワセが早いのか…。そのあたりも調整しましたが、まるでダメです。

画像 030.jpg

そんな状況の中、昼前に私は5枚です。蒲田の皮研の方が来たので途中経過の情報交換。
この時点で右舷ミヨシの方とミヨシ2番の蒲田皮研の方2人は11枚、10枚とのこと(汗。
やっぱなあぁ…そのぐらい釣れる状況だよなあ…と思いましたが…。出船前に氏に昨日の枚数
を聞かれていたのでこの時点での枚数を伝えると「エー!?」とのリアクションされました(^^;)

その後は予報通り波高なり釣りやすい状況ではなかったのですが、活性は良い流しが
続きます。ツンツルテンも3回以上…今度は掛けられなくなります。
色々策を練りますが、さっぱりです。そうこうしている間に反応もなくなり
巻き返すチャンスもなくなりました。

後半1時間半は宙層釣りに徹し3枚追加。そこでもバラシ多数…
結局私は8枚で終了。隣の初心者の方は5枚。竿頭は右舷ミヨシの方の20枚、蒲田皮研の
方で19枚、右舷側の顔見知りの奥さんでも(失礼m(_ _)m)13枚とのこと…
船中釣果は4〜20枚(HPでは5〜20)

画像 036.jpg

今日はケチョンケチョンにやられてきてしまいました…orz
これはひどい…見るも無惨…これも実力です。
シマノカワハギグランプリセミファイナルに次ぐ絶望感…orz

活性は平均で言えば昨日と同じか若干良い感じで決して釣り座のせいでも何でもありません。

さて、困った…バラシと掛けられなくなった原因がさっぱりわかりません。
次回の釣行は6日に千葉へマルイカ船に乗って私のGWは終わりです。
来週行けるか分かりませんが懲りずにまた久比里で修行する予定です。
本当に情けなくて恥ずかしい今日1日でした…orz





今日の剣崎沖

今日も○下丸からのカワハギです。というか私はカワハギ専門なので(^^;)
それにしても、これだけ専門でやっているにしては全く進歩が見られない…
この辺りが頭打ちか…と感じたりする今日この頃…。

到着したのは5時半頃と、いつもより早めになりました。なぜか少し飛ばしたから(^^;)
そのおかげでか、保土ヶ谷バイパスにて跳ね石でフロントガラスにヒビが入る(泣。
帰りに車のガラス屋でリペアしました。14,700円と痛い出費です(>_<)

画像 001.jpg

受付に向かうとカワハギ名手(他も多分上手い)の菅○さんが来ていました。
しかし今日は鰺船での出船のこと…。到着早々に氏と話をしましたが最近、金谷沖(千葉側)
で仕立でカワハギ船で出ているが70枚前後釣れているとのこと(^^;)。城ヶ島沖や諸磯沖
には、ここ3ヶ月例会が中止になってしまっているので良くわからず…。
そんな感じで情報交換したりした後に釣り座の確保へ…到着が早かったので右舷の大艫が
空いている…菅○さんは私に「ほらほら、大艫…空いてるよお〜」と私を大艫に誘うが、
私は現在「胴の間での修行」をする身と勝手に考えているので…いつもは右舷ですが今日は
暑そうなこともあり陽に当たる時間が比較的短い左舷側の胴の間を確保。

画像 004.jpg

今回も、この時期よく来られる私と同じ病(カワハギ病)に冒された方が奥さんと息子さん
を連れてきていてアサリ剥きが大変そうだったので少し手伝わせていただきます。
昨日も来ていたらしく今日は家族での乗船(^^)。私の左側に、そのご家族3名さん。
ミヨシには○下丸スタッフの息子さん。船長によるとハマれば釣るとのことで少し
プレッシャーを感じる(^^;)

その後、釣座で準備をしながら船長さん、菅○さんと釣座について話しました。
菅○さんには、わざわざ胴の間に釣座を構える「壊れちゃった人w」と揶揄されましたが
誉め言葉と私は勝手に解釈(^^;)。船長は船長で大艫で釣っても(略。と言われたりしたので
「修行中」の身である私の選択、方針は間違いではないと勝手に解釈。ここのところ自身の
未熟さを痛感する釣行が続き、そこから来る弱気の虫が釣座に対する迷いとなって表れて
いました。何気ない会話で迷いが少し解消した…かも知れません。んなわけで定刻の8時に
乗船客14名で出船し剣崎沖に向かいます。隣の船宿では前日の頭が29枚。○下丸も17枚
と上昇の気配。出船前には誰もがそのような淡い希望を持つものですが、どうでしょうか…

画像 007.jpg

最初の流しは20m弱の浅場。反応はポツポツとあって前回よりは良さそうです。竿は浅場
なので久々に鬼攻の極先調子を使います。もう一つはリーディングA−1をセット。
一つ目の流しの2投入目でゲットでき、少し落ち着き、その後もポツポツ釣れます。

画像 013.jpg

昼前あたりで久々の一荷!(^^)。そこでツ抜け達成。途中、型が結構良く水面で何回か
突っ込みをイナしての水面バラシもあったりしたのでハリをパワースピードへ変更します。
そのような良型中心が当る楽しい時間をしばらく過ごします。
私の左隣では、ご家族の息子さんが釣っているのですが、なかなかゲット出来ないので私も
気になり出します。お父さんが教えているからと思い、遠慮していましたが…。
少しだけアドバイスしてしばらくするとようやく1枚ゲットでき私も安心(^^)。

画像 015.jpg

しかし昼過ぎ頃からは風が強くなり海も若干うねって波は2mほど…。
そこからバラシまくりの我慢の時間が…ウネリをかわし切れずタメを作れないからでしょう。
この辺りも私の大きな課題であります。このような状況で、ぽつりぽつり追加はしますが、
そんな事をしているうちにエサも盗られなくなり13時45分頃〜14時半頃まで釣れない
時間を過ごします。ここまでは前半は集寄DX、ピラピラを付けてのタタキ弛ませ中心で
後半はヤマワのワンタッチ装着のスピード這わせメイン。
やや這わせ系で釣れた数が多い気がします。

その後、残り時間15分で2枚追加して「しまいになります」のアナウンス。
数えると何とかジャスト20枚で久々に20枚行きました(^^)
一日通して良型が釣れ最大26.5cmが2枚で25cm以上が9枚と楽しめました。
竿は結局最後まで鬼攻を使用してました。

画像 019.jpg

船中釣果は1〜22枚(船宿HPでは5〜22枚)で右舷大艫が22枚、私20枚、
右舷胴の間の14枚と続いたそうです。
明日起きれたらまた来ますと挨拶して帰途につきました。
予報的には風波ともに今日ぐらいですが…どうしようか考え中です。
起きれたら多分行きます。





プロフィール

渕野辺在住

Author:渕野辺在住
カワハギ釣り専門の釣り
バカブログです。
釣り以外の私生活で感じた
ことなども綴ってたりします(^^;)
神奈川県相模原市中央区
淵野辺在住。
趣味はバッティングセンター
でボカスカ打つ事とアサリ剥き(^^;)。
好きな言葉は、宙でバクバク、
荒喰い、イレパク、 
 サ ル 状態
好きな釣り方は、カックラバーチと
○野さん釣法
好きな曲は
奥華子の楔
尾崎亜美の蒼夜曲
THEBOOMの風になりたい
my little loverの
DESTINYと昔からある場所

Comments...A

openclose

最新記事
過去記事(ログ)スクロール

2018/11 (1)

2018/10 (1)

2018/09 (1)

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (3)

2017/06 (2)

2017/05 (4)

2017/04 (1)

2017/03 (2)

2016/11 (3)

2016/10 (3)

2016/09 (2)

2016/08 (5)

2016/07 (4)

2016/06 (5)

2016/05 (7)

2016/04 (6)

2016/03 (1)

2016/02 (3)

2016/01 (5)

2015/12 (8)

2015/11 (7)

2014/04 (9)

2014/03 (13)

2014/02 (13)

2014/01 (18)

2013/12 (17)

2013/11 (26)

2013/10 (24)

2013/09 (21)

2013/08 (12)

2013/07 (15)

2013/06 (13)

2013/05 (6)

2013/04 (13)

2013/03 (13)

2013/02 (23)

2013/01 (28)

2012/12 (15)

2012/11 (13)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (15)

2012/07 (16)

2012/06 (16)

2012/05 (13)

2012/04 (13)

2012/03 (14)

2012/02 (14)

2012/01 (18)

2011/12 (26)

2011/11 (18)

2011/10 (20)

2011/09 (16)

2011/08 (15)

2011/07 (15)

2011/06 (18)

2011/05 (13)

2011/04 (10)

2011/03 (10)

2011/02 (12)

2011/01 (15)

2010/12 (17)

2010/11 (16)

2010/10 (17)

2010/09 (13)

2010/08 (12)

2010/07 (9)

2010/06 (11)

2010/05 (10)

2010/04 (10)

2010/03 (8)

2010/02 (10)

2010/01 (11)

2009/12 (15)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (12)

2009/07 (9)

2009/06 (6)

2009/05 (10)

2009/04 (7)

2009/03 (10)

2009/02 (12)

2009/01 (15)

2008/12 (14)

2008/11 (7)

2008/10 (7)

2008/09 (2)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンクツリーV1.1a
今日の日付入りカレンダー

04 | 2009/05 | 06
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-