カワハギ釣り 2009年10月
FC2ブログ

今日の佐島

船宿に着いたのは若干早目の5時過ぎ頃でした。
前日の釣果はトップで23枚とのことだったので
密かに期待していましたが、どうなんでしょうか…

受付に向かうと顔見知りやお知り合いの方がズラリといらっしゃいました。
青○さん、山○さん、先日のDKOの2次予選を戦ったkimamaさん、sonoma999さんも
当たり前のように来ていて、藤○さんも到着。このメンツの中で釣るのは苦労しそうです(汗

007.JPG

出船前は皆さんとの会話でにぎやかでしたが沖上がり後の私はどうなんだろうか…
と思いながら22名で7時半に出船します。釣り座は私は左舷胴の間ややミヨシ寄りで
右隣に藤○さん、知らない方一人を挟んでsonoma999さん。右舷側はミヨシ付近に青○夫妻、
胴の間にkimamaさんと、そのお連れの方で確か艫付近に山○さんだと思いました。

001.JPG

今日は最初の流しから40m前後と深めを流していますがこの深場の流しは砂地が多く
根掛かりはそれほどありません。しかし左舷は開始から1時間半ほどの時間弦全体で4〜5枚
程度しか釣れてません。私が顔を見られたのは開始から1時間半経ったあたりでした…
こりゃツ抜け出来ねーかもと思いました。それにしても右舷側は渋いながらもポツポツ釣れて
いるようで時々盛り上がったりしています。11時あたりでしょうか、左隣の方が釣り出し、
藤○さんもポツポツ追加し出しますが私は蚊帳の外状態です。ここまで私は4枚…

008.JPG

そんなような状況が13時頃まで続き、藤○さんは8枚ほどでダブルスコア…
左隣にも捲くられた…大撃沈の予感…ここまではキタマクラの猛攻に遭い
3本バリ全てが噛み切られること3回…
あとは下品なベラやキュウセンにだまされたりしてばかりでした。

010.JPG

次第に流しが浅場の根周り中心になり根掛かりは時々するものの連チャンした流しもあったり
して少し釣れ出しました。この間、宙でも2枚追加。
結局sonoma999さん、藤○さん、私が同じ9枚。今日の私の最大は26.5cmでした。

014.JPG

左隣の方は8枚だったそうですが、そこから全て同じグループだったようで大艫の10枚と
いった感じでした。しかし右舷は青○さんと、胴の間のkimamaさん、他にもう2〜3人が
13枚でトップが15枚だったようです。ちょっとHPと船内情報とでズレがあるのですが
HPの方が正しいのでしょう…それにしてもツ抜けも出来ず悶々とした状態です。
本音を言うと…前日の釣果が良かったのでひょっとしたら久々の20枚超えも可能
なんじゃないか?と思ったりして出船近くの時間に殻付アサリ1キロを追加していたりした
のですが…このように結果は撃沈でしたorz
明日は体の疲労具合と相談し、行くかわかりませんが…
sonoma999さんや藤○さんは絶対行くと思っているようです(苦笑

また、ある情報筋から帰り道に聞いた話ですが…今日はDKO決勝の日。。。
なんと!!かやごんさん3連覇だったそうです(驚!
開いた口がふさがりません(゜o゜)…凄過ぎる…


スポンサーサイト



趣を入手しました…

昨日、若いころにお世話になった方(警察ではない)
にカワハギ用の和竿をいただきました。
町田にずっと住んでいたのですが、沖縄に家を建てたので
老後はそこで隠居するようです。どれほどの値段のものなのか
分かりませんが、おそらくそこそこの値段なのかもしれません。
私がカワハギ釣りをやっているからヤルッ!とのことでした。

001.JPG

なんか使うのがもったいない気がしますが来月の例会で使ってみようと思います。
穂先はセミクジラで長さは190cmぐらいのものです。
そういえば先月あたりに佐島で同船した汐よしさんの和竿を使っている青○さんと
和竿の話になり…穂先を折ったら10万円と聞いて恐ろしくなったのを思い出しました。
(^^;)大事に使わないと(汗

今日は佐島の釣果が良かったそうですが…
しかし…とりあえずの目標はツ抜けにしておきます。
1〜2枚だったら帰宅後そのまんま落ち込んだ勢いで
ブログ閉鎖しちゃうかもしれません(苦笑



今週末の予定と最近気付いた事

最近気付いたことがあります…
私はコンタクトレンズをはめているのですが、
毎回釣行後はかなり目が乾いています。
ひどい時は帰り道の運転で、あまりにも前が見えにくいため
コンビニか横須賀インターに寄ってコンタクトを洗って
潤したりして対処しています。
確かに普段からドライアイ気味の私なんですが、
釣行後はホントひどい状態…。何故かと…
前回の佐島釣行時、アタリを取っている時に気付きました…
着底後から全くまばたきをしていないのです(^^;)
こりゃぁ乾くわけだわ…(苦笑
これからは船の上に目薬持って行くことにします。

さて…今週末も佐島に向かいます。また藤○さんと並んで釣ることに
なるかもしれないですね(^^;)魚の奪い合いになってしまうのか(汗。
sonoma999氏も来たら艫から魚回してもらえないかもしれません(^^;)


久々の皮研の例会

10月25日(日)

今日は久々の例会に参加してきました。
既に2回欠席しているのでランキング争いからは脱落…
その点では正直言いまして自身のモチベーションが下がっていることは否めませんが
久々に皆さんに会うことができるので、それを楽しみに小網代に向かいました。
前日は、止しておけば良いのに佐島に行き、その疲れも取れないままでの参加です。
しかし連チャン釣行は前日のDKO2次予選に参加した○江さん、○野さんも同じですし
パン屋さんに至っては2連チャン、3連チャンなんてしょっちゅうやってます。
自分がただの虚弱体質なだけのか?と思ったりします…。

004.JPG

さて、船と釣り座の抽選ですが私は運営委員なので最後にクジを引きましたが
私は2号船の右舷大艫を引きました。艫に座るのは5月の小湊でのマルイカ船以来です。
同船者は右舷ミヨシに鈴○さん、○藤さん、吉○さん、そして私と並びます。
左舷側はミヨシから斎○さん、tomezoさん、○島さん、前○さんの計8名です。

009.JPG

開始から鈴○さんがワッペンをコンスタントに掛けて数を伸ばしていますが趣を楽しむ
長老の○藤さんまで釣ってます(汗。私は全く手が合わず2枚時点で鈴○さんは11枚
とのこと…この時間帯はワッペンだけのような感じです。多分この時点で私がスソです…
半端なスピードのワッペンを上手く掛けることができません…。
このあたりの時間帯は迷いが生じてスピード系が良いのか
ハゲ系が良いのかで、ずっと迷ってました。
しばらくそんな自分と格闘するという空回りする時間帯を過ごします。

008.JPG

仕方ない…開き直りと気分転換も兼ねて3年前にワゴンセールで買った
ハヤブサの市販仕掛けを使うことに…ハリは小さいキツネバリでハリスは1cmの物(^^;)
このような仕掛けを使うのは確か3年ぶり…。
しかし、変えてからアタリが出始め、早速ワッペンが釣れました。
その後も25cmほどの良型を掛けますが水面で抵抗されてサヨナラしました。
その後1枚釣ってからは自分の仕掛けに替えて、12時半頃に12枚。
途中経過を聞いたので、おそらくこの時点で斎○さんより釣っていた気がします。

007.JPG

しかしそこから艫側4人には、全くアタリが無くなってしまいました…
ミヨシでは左舷、右舷ともに渋い中でも後半ポツポツとアタリはあったようでした…
私は結局そのまま釣れずに12枚で終了…。

012.JPG
放流券6枚

優勝は3号船の○野さんと、2号船でぶっちぎりで今回もパン屋さんの2人で34枚でした。
3位は3号船の○江さんの31枚。○野さんは昨日DKO2次予選で船中3位でしたが、
惜しくもファイナル進出を果たせなかった憂さ晴らしを出来たと話していました(^^;)。

015.JPG
019.JPG

また、今回は私たちとは逆に1号船では○下さんが20枚でしたが後半1時間で14枚
釣れたとのことで短時間に集中的に数を伸ばした方が結構いたようです。
私の釣果は悲惨でしたが、久々に参加して、欠席した私のことを心配して下さっている方が
割と多くいて本当に有り難く思いました。
私が欠席するなんてよっぽどのことがあったんだろうと思っていた方もおられたようです。
今年は11〜12月例会で上位ランクが乗る1号船には乗れなくなりましたが残された例会で
はノンビリと楽しんで来年からまた皆勤することにします。
佐島と並んで、やはりここが私の居場所なのかなと思えた一日でした。
しかし、ババさんも先月数年ぶりに欠席して今回も参加されなくなったので寂しい感じが
しました…氏は皮研のムードメーカーなので、また復活してもらいたいです…。

帰宅後は片づけを済ませ風呂に入り、バキバキに固まった体を腰痛マッサージに行って
ケアしてもらって帰宅し即爆睡しましたzzz。


何もかも寒かった佐島釣行…

10月24日(土)

今度の日曜日は例会なので今日行くと連チャンになってしまうため
どうしようかと思っていました…取りあえず準備だけはして、
目覚ましを掛けずに起きれたら行くか…と思いながら就寝zzz

で結局4時過ぎに起きてしまったため前日の釣果も思わしくなかったが
佐島に向かってしまいました。ほとんど病気ですね…(汗
心療医のカウンセリングが必要かもしれません(苦笑

001.JPG

そんなわけで到着したのは5時45分頃。
混み合っていたが他の釣り物の客が多いだけで
カワハギ船は22名。いつものようにアサリを剥いていると藤○さんが、
来て隣で釣ることになりました。また○中さんも来ていたが、氏は
右舷大艫。後ろ側に今シーズン同船する機会が増えた結構上手い方もいます。
私たちは胴の間で釣る予定でしたが後から来た方がいたので席を移動。
結局左舷ミヨシから2番目藤○さん、3番目に私という並びになりました。

007.JPG

今日はDKOの2次予選の日ですが、知り合いの方々で進出した方には
頑張っていただきたいと思いながら7時半に出船。
佐島沖20m前後の根周りから流し始めました。
反応は遅めだが、一応喰ってはきます。ただ、やはり外道のアタリが多いため宙層への
誘い上げ後のステイて出たアタリでしっかりアワセを入れて何とか最初の流しでカジメ色の
ワッペンを掛けます。最初はスピード7号を1本、フック4号を2本付けて様子を見ます。

006.JPG

続けて今度は底で誘ってしっかりアワセを入れて2枚目ですが、これもワッペン。
今日もハゲバリ系が良いと判断して全てフック4号、パワーフック4.5号にします。
しかし、そこから激渋り…10時50分前頃だと思いますが、この時点で流し替えの時に
○中さんがこちらに向かって手で5枚と知らせてくれますが、私もこの時点で5枚です。
藤○さんはまだ手が合わず1枚か2枚でしたが、左舷側は2つ隣の貸し竿っぽい女性の方が
3枚ほど釣っていてそれが目立つほど渋い状況です。海上は1mほどの波があり水色は
薄濁り。10時半頃から雨が降り始め、予想以上に寒くなります。

011.JPG

私は何とかポツリポツリ追加しますがワッペン中心で21cmが良型に見えてしまう状況。
しかし11時半頃に7枚目を釣ったあたりから全く釣れなくなり船内も静まり返っています。
ツ抜けを諦め始めましたが13時頃に久々の8枚目。しかし相変わらず
船内は沈黙の様子です。ここでたまりかねた船長は亀城根の深場へ移動。
「ちょっと深いですよ、50m…」とのアナウンス。
深い深い…落ちてゆくPEがスプールの中で引っ掛かりながらが落ちてゆく(^^;)
着底即タタキを入れ、誘って弛ませ聞き上げて良型が掛かります。
深い割に手ごたえがあったので大き目と確信し慎重に巻き上げ、
今日初めての良型25.5cm。この流しでもう一枚追加して何とかツ抜け達成(汗
そこからはまた喰い渋った状況でしたが14時に1枚追加。

012.JPG
ザルの中のワッペン3枚はリリース

そして沖上がり直前に宙層でワッペンを釣って12枚で終了しました。
船中釣果は1〜12枚…。宙層では今回も3枚釣れました。
右舷大艫の○中さんは9枚で、それが2番手という釣果的にも、とても寒い一日と
なってしまいました。藤○さんは中盤追い上げて来られ、途中私と1枚差の時がありましたが
バラシ地獄でツ抜けならず…明日は久々の例会なので釣果は少しは気にしながらも楽しんで
来れたらと思います。


今週末は…

明後日は久々に例会に出席出来そうです(^^)
もうランキング争いからは脱落しましたが、
久々なので楽しみです。

明日はどうしようかまだ考え中ですが…
佐島に行きたいのですが、連チャン釣行はキツイので、
目覚ましセットしないで起きれたら佐島に向かうつもりです。
そういえば明日はDKO2次予選の日…
去年も2次予選開催日に虚しさと悔しさをかみ殺して
佐島で釣りしていた気がします。
1次予選通過した皆さん、頑張ってください(^^)



テレビ争奪カップ (カワハギ大会)

今シーズンのささやかな楽しみは○楽園のテレビ争奪カップ(勝手に命名)だけに
なってしまった。私は友の会に入っているので楽々予約でき今年も参加できることになった。
去年は比較的釣果にも恵まれた上に最後にテレビを当ててしまった印象深い大会であった。
確率は当たるはずのない1/94でした(^^;)
もし今年も当たったとしたらカワハギの角が額に刺さって死ぬか、帰りの横横道路で
カマ掘られて死ぬと思います(^^;)

それにしても…大会と言いましても…あるお方が、某スポーツ新聞社の大会で
また優勝されたそうで…賞品がスゴイんですよ、あの大会…
スランプ脱出されたようで…また当分の間スゴイ釣る姿を拝見することになりそうです(汗
来年は私もダメ元で参加しましょうか…
明日の○刊ス○ーツ買ってみます。



佐島沖〜亀城根沖のカワハギ釣り

毎回釣行前夜は、興奮してほとんど寝られないのだが…
テンションが下がりまくりのワクワク感ゼロのためグッスリ寝られました(苦笑
○楽園の釣果は下降気味で…そんなわけでツ抜けも出来ないかもしれないと
思いましたが、もうそんなのどうでもよい心境なので普通に佐島に向かいます。

003.JPG

到着したのは5時半頃。カワハギ船の札は5〜6枚取られているだけ…
前日にトップで9枚という釣果が叩き出されたせいもあってかガラガラ…
出船が近づくに連れて乗船客は増えて行ったが結局13名のみ。
私は左舷胴の間で、右左に3人いてちょうど真ん中。
アサリはDKO予選で配られたアサリがそのまま残っていたので取りあえず
殻付き1キロだけ剥きました。今日剥いたアサリは身がかなり痩せていて
ワタの部分がしぼんでいる…

004.JPG

そんなこんなで7時半に出船し、今日はバイオクラフト180HHから使い始めます。
今日は宙も探るが、ずっとこればっかしやってたら悲惨な状況になるのが
目に見えていたので、宙から底まで満遍なく探るつもりでスタート。
ハリはスピード7号、パワースピード7.5号、フック4号、パワーフック4.5号の
中から、その時に掛かりが良いのを見極めて使用することにします。
最初の流しは佐島沖、緑の灯台が遠目に見えるあたりの20m前後。
ベラ、トラギスの反応はあるが、左舷しか確認できないが船内本命は
上がらず直ぐに流し替え。顔を見たのは3流し目で、その流しで2枚。

007.JPG

右隣の方も2枚釣っているが他は釣れてない。
宙ではキタマクラが一荷で掛かったり、ハリスのチモトが
ささくれていたりするのでキタマクラの魚影が濃い感じ…
左舷側は9時半時点で私と右隣の方が4枚であとは1枚上げてる人が
2人だけという状況。この間、宙でも1枚釣れました。

008.JPG

佐島沖から亀城根沖を見るとワラサだかカンパチだかの
船団が見える。船長たまらず9時20分頃に亀城根沖へ移動。
先ほど見えていた船団の300mほど向こう側へ。
コマセの影響もありそう(?)で浮いているかもしれないと思い
宙も広く探るが底から50cmぐらいだとトラギスも喰ってくる。
この流しは40〜45mほどの深場。このあたりの水深だとベラや
トラギスは少なくなると思うのだが相変わらず外道がトリプルで
釣れてきたりする(苦笑。2m底を切って誘いながら、または静かに下ろしながら
探るとアタるが掛けられない。このあたりから全てのハリをパワーフック4.5号に変更。
するとアタリも増えて掛かりやすくなった。バイオクラフトHHですが40m以深だと
結構シックリ来て使いやすく感じました。そんなこんなで11時時点で9枚とツ抜けリーチ。

しかしそこからアタリが全くなくなり1時間強釣れなくなる。この間、右隣の方は
2枚追加し6枚目あたり。若干焦るが喰わせられずパッタリ止まってしまった。
しばらくして…叩いている途中で根掛りしてポキッ…
バイオクラフトの穂先を折ってしまいました…orz

009.JPG

途中までイイ感じで釣って慣れて来た頃だったが…買ったばかりだし免責いくらだっけか…
と思いましたが、気を取り直してA-1に変更。バイオクラフトより穂先が入る感じです。
亀城根なので根がきつく根をトレースし、オモリで底の感触を確かめ根が緩くなったら
底メインを探ったりしました。しばらくしてエサが全く盗られなくなったがカワハギの
やる気を促すべく誘いを速くしたら大きめのワッペン(17〜18cmほど)がノッて来た。
そこで連チャンして11枚目は27cmの良型でした。良型にしては珍しく速い誘いで
喰って来ました。左舷側は艫手前あたりで1〜2枚だけ釣れていたが右隣の方は
パッタリ釣れなくなってしまった。トイレに出て来た船長は右舷は「全然ダメ」とのこと。
結局、そんなような状況が最後まで続きそこから3枚追加しただけの14枚で終了。
宙では3枚釣れました。

015.JPG
ザルの中のワッペンはリリースしました

船中釣果は2〜14枚で今日は艫がダメだったらしく左舷大艫が2枚とのこと(汗。
2番手はおそらく右隣の方で7〜8枚。今日は左舷胴の間近辺が良かった感じでした(^^;)
今回は久々にハゲ系メインで釣れたので良い意味で自身の目先も少し変った感じがします。
開始時は雨が少し心配でしたが一日通して曇り空で暑くもなく寒くもなくその点では
釣りやすく感じました。潮も澄んでいて釣果の方も、これから上向いてくる気がします。

しかし…それにしても相変わらず気分が晴れません。DKO予選敗退症候群、
例会ランク外症候群から切り替えられるまでもう少しかかりそうですね…。


明日から…

明日からまた佐島で修業を始めます。
まぁ…。何と言ったら良いのか…
DKO予選は船中真ん中よりやや上の成績に終わり、
情けない気持ちと敗退した後での、この虚しさは
時間が解決してくれるのでしょうか。

特に今年は皮研の例会も欠席せざるを得なくなり
早々にランキング争いから脱落…完全に目標を失い
テンション下がりまくりであります。
このように相変わらず人間的に未熟なものですから
ブータレている自分自身に自己嫌悪…

あのワッペンが忘れられないですが、今は、またいつか
あいつらに会ったら絶対攻略してやる!という気持ちで
いっぱいです。
昨日は予選B組でゴヨーさんが見事通過(^^)
○江さん、古○さん等も順当に通過したそうです(^^)
知り合いの1次予選通過した皆さんには頑張って
いただきたいですね(^^)

さて、今日の佐島も渋かったようですが、
明日は2〜3枚で撃沈という事態も想定しながら向かいます(苦笑。




DKO予選A組釣行記

ついにやってきました、ダイワカワハギオープン…(以下DKO)
予選を勝ち抜ける材料が全くないまま、当日を迎えました。
駐車スペースを確保したいので、早めの5時過ぎ頃に到着。
大会スタッフさん等が準備を始めたころでした。
しばらくしてS近さんが到着し、一昨日の同じ大会に参加した草○さんも
到着。そんなこんなで知り合いや知った名前だらけ状態(^^;)
みんな腕の良い方ばかりです。さすがDKO…
やはり来るメンバーは豪華です(汗。

001.JPG

先月、シマノの予選(9/26日記参照)で隣同士で痺れる釣りをした川○さんや、同じく
同船した○鷲さん、○楽園で良く見かけよく釣る○本さん(10/4の釣行時2つ左隣の方)、
早○名人(汐よしさん)、さかなはなこさん(以前JSY大会優勝の女性ハギマスター)、
MSZAWAさんに…同じ皮研の○野さんも初参加、去年のファイナリストのとても謙虚な
○野さん等も来ていました。少し遅れてtomezoさんも到着。川○さんとも少し話して、
先日のシマノ予選の健闘をたたえ合いました。この方、とても気持ちの良い方です(^^)。
ちなみにとある事情通の方からの情報によりますと、今回からずっとなのか、ダイワの社員
さんは出場できない(?)ことになったとのこと。
予想通り社員さんの参加者は誰も見かけませんでした。

002.JPG

その後6時半から受付が始まりクジを引き私はC船の右舷ミヨシから2番目と割と良い(?)
釣り座になりました。しかし…私の右隣は早○名人、その隣もMSZAWAさん…
3人並んで釣ることになり私の取りこぼしは確実に釣られてしまうというプレッシャーを
感じます。また右舷大艫から2番目には、これまた皮研の○野さん。

004.JPG

船で準備をしていると○江さんが邪魔しに激励しに来てくれました(^^)。

007.JPG

台風一過の、ここ数日は良型が多いので硬い竿はNGと言ってましたが、私も同じ考えで
今回はレッドチューン、鬼攻極先調子、硬い竿だが慣れているA−1の3本を持ち込み
ました。今日の○江氏は○天丸での乗合です。

011.JPG
逆光で見え辛い…○塚プロの大会説明

その後、準備が整い大会説明があり、事前情報から予想をしていましたが今日は竹岡沖に
なるとのことです。竹岡沖は久しぶりですが、剣崎沖よりは釣りやすいので、
その点だけは安心しました。

008.JPG

014.JPG

そんなこんなで8時の出船を迎え、最初の流しは15m前後の砂地。
今回は使用するタックルはここ数日良型が多く出ていたので久々に最初から
レッドチューンで釣ることにしました。ハリはスピード7号でスタート。
序盤から左舷ミヨシの方が快調に釣っています。ワッペンが中心で、係員の方に「リリース
します」という声がコンスタントに耳に入ってきてプレッシャーを感じます(^^;)。
私は2枚時に既にツ抜けいる様子…汐よしさんは4枚まで同じペースでしたが、そこから
ジリジリ離され、MSZAWAさんは序盤からそれ以上に釣ってます。

015.JPG

左舷ミヨシの方はこの時点で勝ち抜きは、ほぼ確定状態で残りの2枠を争う展開です。
それにしても時折良型は混じるが、気まぐれな遅いワッペンに翻弄されます。

018.JPG

良型中心だという情報が頭にあったので面喰いましたが、何とか対応しないといけません…
スピード7号のゼロでも、吸い込む力が弱く魚の重さもないので、なかなか掛かってくれ
ません。動かし過ぎると全く食ってこないが、大人しくしてるとたまに、ツンツルテン(^^;)
そのたびに「ナンジャコリャァ!!(ー。ー゛)(松田優作風」という心の叫びが(苦笑。

017.JPG

当たっているのは判るが掛からないというストレスがたまる状況が続きます。
叩くと他所に行ってしまうので叩きは止めます。次第に船内誰も叩かなくなり全員大人しい
釣りになって行きます。11時半あたりから汐よしさんは宙を探り始めていますが、ポツポツ
と上げてMSZAWAさんを抜きます。宙は、まだ私の引き出しにないので宙は探らずハリを
パワーフック4.5に変更し続けて2枚上げますが続きません。沖上がりは13時半…
そんな感じのまま沖上がりを迎え私はリリース5枚の計12枚で終了…

020.JPG

トップはダントツで左舷ミヨシの方で28枚!ワッペンへの対応が的確に行えた結果だと
思います。残りの予選通過2枠は16枚の汐よしさんと横浜皮研の○野さんで次点で
15枚が1名、14枚でMSZAWAさん、13枚も1人か2人いて私はその次という結果と
なりました。このように今回はワッペンへどう対応するかが勝負の分かれ目でした。
速いワッペンならタイミングが合いさえすれば勢いで掛かってくれるのですが
「気まぐれワッペン」に翻弄されまくりでした。フック3号や丸セイゴ6号を
探したりしましたがボックスに入れてませんでした…


022.JPG
検量

それでもおそらく他の方は今日私が使用していた物と同じか似たようなサイズ、
タイプのハリを使用していた気もしますが…。
また、今日は隣の汐よしさんが掛けた良型を私とのオマツリで逃さしてしまい
最後まで申し訳なく思っていたのですが、氏が勝ち抜けてホッとできました。
このような実力が拮抗した大会ですから、その1枚で抜けられるかどうか
という局面が多いので…(汗。氏とは最初から最後まで色々話できて良かったですね(^^)

ちなみに○江さんは○天丸で同じ場所で釣ってましたが、氏もこのワッペンに
手を焼いたそうでした…まぁ、それでも20枚トップでしたけど(^^;)。

023.JPG

今日の「気まぐれワッペン」は難しかったですね。
その後の成績発表があり、船によって釣果的に結構バラツキがありました。
各船の状況ですが川○さん7枚、○本さん13枚、○鷲さん16枚がそれぞれ1位通過。
もう一つの船はお名前を失念しましたが21枚でトップ。08ファイナリストの川○さんも
同数4人の中からジャンケンで勝ち上がりました。
おさかなはなこさんは通過ラインの次点で残念でした…。
tomezoさんも去年は通過しましたが今回は惜しい結果となったようです…。
S近さん、草○さんも同じく通過ならずでした…。
予選通過者の半分は私の知った方や名前を良く見かける
方でした。沖上がり時には来年からは参加しネー…と自身の不甲斐なさから
ブータレていましたが、知り合いの方々が一堂に大勢集まる大会は、
楽しいのはもちろんのこと、そのレベルの高さからして、いやでも緊張感が高まる
充実した大会です。そのような大会はDKOとシマノの大会ぐらいなので、
また来年引き出しを増やして参加しようかと思います。

今年は皮研の例会も欠席が2回ありランキング争いから脱落したので、
これからしばらくの間は宙層を練習することだけになりました。
さて…何とかバイオクラフト180HHを使いこなさなければ…


松輪でのカワハギ大会

今日はHATのメンバーとして松輪のあま○けや丸で
関東労釣協の大会に参加してきました。
去年は船と釣り座に恵まれたお陰もあって思いがけず優勝してしまった大会…(^^;)
それがなぜかシマノカワハギGPの予選を兼ねていたことでセミファイナルに進出…
そして大撃沈、大惨敗し、天国と地獄を味わった思い出深い大会なのです(苦笑。
今年も参加者は60名ほどで、毎年、あま○けや丸が仕切っておられ、
他の船宿3軒の船を使用して計5隻での出船です。
松輪駐車場に到着したのは5時40分頃でしたがカンパチ(ワラサ?)船の客で
賑わっていて私は何とか停めることが出来ましたが既に満車に近い状態でした。

004.JPG

その後、HATのメンバー5人を乗せたS近さんも到着し、大会運営スタッフの
打ち合わせを行いました。私はなぜか今回から運営スタッフになり、今回はHATの
浅○さんと共に4号船の船幹事に割り当てられました。
船幹事は出船前に釣り座の確認、クーラーチェック等を行い、沖上がり後にはリリースサイズ
の確認、検量、カードへの記入等を行います。

打ち合わせ後に船幹事から釣り座のクジを引くことになり私は左舷胴の間。
HATの浅○さんは左舷胴の間です。その後、参加者全員での船と釣り座の抽選を行い、
HATの尾○さんが左舷ミヨシになりました。
この方、結構釣る方なので、割り当てが減る危険を感じます…(^^;)
この大会は15cm以下は数にカウントされないので極小ワッペンを釣っても仕方ありません。

002.JPG

ポイントはどうやら剣崎沖だそうですが、最近剣崎沖に苦手意識があるので、撃沈する覚悟も
持ちつつ8時15分頃に出船。しかし…ここで大事なものを忘れたことに気付きます…
昨晩この日のために剥いたアサリをクーラーボックスに入れ忘れたのです(汗。
予備に持参した冷凍アサリがあったのと殻付きを2パック(70粒ほど)持って来てあった
ので胸をなでおろしました(汗。足りるか若干不安でしたが、とりあえず釣りは出来るので
出船後は気にしないことに…。

007.JPG

最初の流しは8時半過ぎ頃、剣崎沖20m弱の浅場。
反応はありますが外道の反応のみで、船内1枚目は右舷ミヨシの尾○さん、その後艫付近で
1枚、2枚と釣れる程度…その後船内沈黙し、私の1枚目は開始から約1時間後、誘い上げ
下げ後のゼロで釣れました。その後、1枚追加しますが、手が合わず釣れません。
ワッペンカワハギなのかキタマクラか?何回かカラバリにされるがハリスがささくれている
のでキタマクラなのか…。そして10時半頃の流しで僅かな地合いがあり、2連チャンを含め
6枚目を釣ります。このあたりから右舷ミヨシで私の2つ右隣の尾○さんと同じペースで
釣ってました。

005.JPG

その後、12時ごろでしょうか、2回目の地合いがありましたが2枚追加しただけで終わり
ます。この時の状況ですが、両隣の方がPE3号ラインを使用していらっしゃいまして…
オモリの号数を30号に合わせましたがそれでもオマツリを頻発します。
剣崎沖の早い潮…アタってから送って食い込ませる間を取りたいが、それが思うように取れず
短くせざるを得ないので早合わせ気味になりバラシ頻発という負のスパイラル状態に…
ハリのサイズを上げるも改善できず…ハリスを長めの6cmにして少しだけ改善できましたが
既に地合いは終わり掛けてました。このような状況での釣り方を今後も考えなくてはならない
と痛感しました。

003.JPG

それでも何とか13時の時点では私と尾○さんは同数の13枚目。
船内右舷大艫の方も結構釣っているという情報が浅○さんから入ってきます。
このあたりから、潮先に遠投している尾○さんがラストスパート(汗
私は、そこから3枚しか追加できず前半の掛け損ないとバラシ地獄が響き16枚で終了…orz。

008.JPG

尾○さんは船中トップの21枚で終了され私は2番手。船中釣果は0〜21枚。
氏とは去年の大会でも同じ船の同弦で釣ってまして、その時は私が潮先で良い思いをさせて
もらいましたが今回は、そっくりそのままリベンジされてしまいました(^^;)
完敗です、参りました…m(__)m

011.JPG

その後、成績発表と表彰式がありましたが、他船はどこも渋かったようで、
それぞれの船の竿頭が12枚、9枚、8枚、7枚という渋い結果となりました。
総合順位は横取り方式なので各船の竿頭が順に1位〜5位まで並びます。
尾○さんは初優勝(^^)おめでとうございます!
私は全体の6位で一応入賞という結果になりました。数では2位…と言っても、
乗る船に恵まれていただけで他船だったら撃沈していた可能性もあります(汗

今回も一番良かった船に乗れたのはラッキーでしたが、それを生かせずミスが多く
反省材料が盛りだくさん。久々に雑なやり取りでのバラシもありダメダメでした…orz
地合いも数回あり最低でも20枚は釣っていないとイケナイ状況でした。
明後日はDKO○下丸予選A組ですが、おそらく剣崎沖だと思います。
釣り座に恵まれなければ予選突破は難しいとは思いますが、
出る以上はベストを尽くすつもりです。


スランプの定義

スランプの定義をYAHOOで調べてみると…。

◆ 心身の調子が一時的に不振になっている状態。
◆実力が発揮できず、成績などが一時的に落ち込んでいる状態。
ということらしい…。

よくよく考えてみると私の場合、釣れない釣行が続くと自身で勝手に
「スランプ」と思ったり、この場で言ったりしているが、本当にそうなのか?
この言葉を用いるには、それなりの水準まで達していることが前提であると
最近つくづく思う。
当然、日によって自身のコンディションや釣り座の有利さや不利な面が
多少出るのは否めない。しかし名の通ったほんの一握りの名人、名手は、
どのような状況下でも、その日その時における最善な方策を考え、的確に分析、判断し
対応して凡人には成し得ない釣果をたたき出す!…?

というか、そう思いたいというのが正直な気持ちである。
私が目指すのはそこであるが…しかしどんな名人、名手でもスランプが訪れることは、
今まで見たり聞いたりし、驚き、戸惑い、時には同じ人間なんだという安堵感を以って
理解してきた。あの人が何故!?この人もある時期さっぱりだった等々…
その度に、この釣りの奥深さ、怖さ、楽しさを知るのである。
これらのクラスになると当然スランプと言っても凡人よりは釣っているが…。

最近少しずつだが自分のスタイルというか基本形が分かってきた気がする。
以前、宙層釣りにチャレンジした時に、全く上手く行かず、そのうち何やっているのか
分からなくなってしまった。戻そうと思っても気付いた時には以前はどんな釣り方していた
のかさえも忘れてしまった時期があった。その時は毎回の釣行が苦痛で仕方なくて何のために
釣りしてるの?止めちゃうのか俺?…とさえ思った。
そして考え…開き直った。基本は何?そう、楽しむこと。
私の場合スランプなんて言えるものなのか甚だ疑問ではあるが、そこからまた少し
楽しめるようになって行った。

相変わらず年に1〜2回は放心状態になってしまうほどの悲惨な釣果も叩き出して
しまうが、これは実力の一端なのである(^^;)。

そんなわけで、私の釣りは、まだまだ底が浅すぎる。もうひとつふたつプラスしたい…
いや。もっと!。今回はどこまで通せるか?大会以外では練習のつもりで頑張って行こうと
思う。それでも目先の釣果が欲しくなって戻す局面も多いのだろう…
しかし焦ることはない。これからもずっと付き合って行けるカワハギ釣りなのだから…。
明日は休んで11日、13日の大会だけにする予定です。



今後の予定

今日は思いがけず仕事を早く切り上げられたので,
JSY鵜野森へ行きイマイチだったので行きつけの釣り具屋
である○模屋に行ってきました。帰りがけには御用寿司♪

003.JPG
やはり宙メインのお買い物

今週末からの連休は…

10日(土)気持ち的には佐島○楽園へ行きたいと思っているが…
11日(日)関東労釣協カワハギ釣り大会(※HATのメンバーとして)
12日(祝)ゴヨーさんから○下丸へのお誘いあり
13日(火)DKO予選A組(○下丸)

今までこんな連チャンで釣りしたことはありません。
私はお金、体力共に備えているパン屋さんじゃないのでどうしようかと…
11日と13日は参加確定ですが、あとは気分、財布、体力と相談しながら考えます(^^;)


今日の佐島釣行

今日は若干早目の5時20分頃に佐島に到着。
今回の課題と言いますかメインテーマは新竿で宙層狙い。
私の新竿はこれです

001.JPG
シ○ノ バイオクラフト180HH

購入候補としては、このバイオHH、レンジマスター、1454の3つでしたが
私の課題でもある宙層の釣りをマスターするきっかけとなる
竿が欲しかったわけで…。宙をこれで釣るなら1455はあるし…
で、レンジマスターとバイオHHの何れかになります。
釣り具屋でいじくり回したところレンジマスターはバイオに比べて
若干胴が入るが5cm短いことで、その点での操作性は犠牲になっていない感じ…
値段からしても作った人からしても操作性とバランスも良さそうなのは充分想像できます。

しかし、使い慣れている180cmの竿で操作性を上げたいということと、バイオHHは、
それよりバットに剛性がありそうで、値段も1万円以上安い。
それに加え、シマノの竿を1本も持っていないということで
バイオクラフト180HHになりました。

005.JPG

バットにはハッキリと「縦」と書いてある…今回は宙層を今まで以上に意識して釣ることにして
7時半に出船。乗船客は21名で、sonoma999さんも来ていますが
今日も氏は右舷大艫、私は右舷ミヨシから5番目胴の間ややミヨシ寄りです。
最初は佐島沖20m前後の根周り。たまにアタるがキタマクラ、ササノハベラが
たまに掛かる程度で、オモリを底から50cmぐらいまで下げるとトラギスまで
浮いて来ます。しばらく根をトレースしながら3m〜80cm上を辛抱強く(自分にしては)
探りますが全く釣れません。ミヨシ3番の方は上手い方なのですが、
渋い中、潮先で一荷(^^;)その後もポツリポツリ上げてます。
右から2人隣の方も、同じぐらい上げていますが私の方には気配すらありません。

004.JPG

ヤベーなこれ(^^;)こないだの剣崎と同じか?それともこのままマルボか?と思い、
堪らずセットしてあった鬼攻を出します。しかし調子があまりにも違うので、却って
やりづらく、直ぐバイオHHに戻しました。この辺りの対応能力が私には不足しています(汗。
ようやく顔を見れたのは11時5分前あたりで1.5m上の宙層で食って来ました。
ハリはワイドフック3.5。次の投入でウマズラ…それを挟んでカジメ色のワッペンを
追加。その後再び船中沈黙が続きます。

011.JPG
この流しは亀城根で2〜300m先ではカンパチの船団が形成されています。

13時前あたりでしょうか、ここで船長堪らず城ケ島沖へ移動を始めました。
見慣れた風景…こないだのシマノ予選で流した場所。ここでも宙を探り、誘い上げ下げや
色々興味を引かせるよう試みますが、浮いてないようです。
2枚で終わるのはイヤ…仕方ないので宙から、いつもの底で釣ることにして
ハリもスピード7号に替えました。このロッドはバットパワーがあるので細軸のハリは
どうかと思いましたが、それは掛けてから考えれば良いこと。
掛からなければ、そのままTHE ENDですから(^^;)

012.JPG

切り替えて直ぐ、誘い上げ下げ後のゼロでようやく3枚目…
その後も沖上がりまで似たような感じで釣って計6枚で終了…
序盤比較的釣っていた右舷ミヨシ3番の方も6枚で、他に7枚の方も一人
いらっしゃいました。6〜7枚が5人ぐらいだと思います。

船中釣果は0〜11枚(HPでは1〜11枚)
sonoma999さんが11枚で竿頭という結果でした。
おそらくツ抜けしたのはsonoma999さんだけだと思います。
渋い中さすがですね(^^;)今度釣り方教えてください(苦笑

014.JPG

今日おろした竿ですが、操作性、感度は全く問題なさそうです。
あと2〜3回ほど使えば、馴染んで来るかと思います。
今回だけでは何とも言えませんがゼロから出る細かいアタリは注意していれば
弾きませんでした。ただ、良型中心の時はパワーのあるハリにした方が良いと
思います。これは水深にも因ったりしますが…
今日はサイズが比較的小さめだったので、やり取りはそれほど不安なく行えた感じです。

それにしても今日の佐島はかなり渋かったですね…これからもこんな感じなのかも(汗
次回は11日、関東労釣協の大会にHATのメンバーとして
参加して13日にDKO予選で○下丸ですが、一体どうなる事やら(汗
A−1も最初は慣れなかったし…次回から大会が2回続くので、そこでは慣れた
A−1か鬼攻かレッドチューンを使うかと思います。


新竿と、どうでもいい話

今日は早めに仕事が終わったのでソッコーで
釣り具屋に行き新竿を買って来ました。

夫婦橋カワハギ
極鋭1454
サクラ金剛カワハギ
バイオクラフト180HH
アルファ海人カワハギ
レンジマスター
◆もう一本ほしいA−1
◆趣の和竿
さて…どれでしょうか(^^;)

次回は日曜日に佐島から出る予定なので、早速使ってみます。

ようやく竿も決まり、相○屋を後にして、夕食を取りに向かいます。
相○屋に行った時に腹が減っていると毎回御用寿司田名店か当麻駅近くの中華料理店で
食事をとりますが…で、酢豚が喰いたくなったので今日は中華店へ…
中途半端な時間帯だったので料理長(旦那)が不在…
夫婦でやっているお店なのだが…奥さんが焦っていて旦那を電話で呼び出している。
私は当然、酢豚を注文したが…電話口で奥さん、なにやら怒っている様子…

この御夫婦、身内には母国語(中国語)で話すので内容は分からない…
奥さん
「アチャぁー、ウンキュン…?*+〜Q! &?*(~K@&#‘”〜!プンスカ!!」

おそらく「アンタ!お客さん来てるよ!早く来なさいよ!」との内容であろう、
旦那をどやしつけている様子(汗
 
旦那
「ん〜…直ぐには行けない…とりあえず餃子はお前でも焼けるだろ?それサービスで出しておけ…」

との話になった(?)らしく…奥さんが自分で焼いた餃子を持って来られて「すみません、
お待たせしてます…これ店長からのサービスです」※お客さんには丁寧な日本語で話す(^^;)
と餃子をサービスしてくれたので餃子を食べながら携帯見たりしながら時間をつぶしました。
それでも20分ぐらいだろうか、それほど待った気がしなかったので、却って申し訳なく思いました(汗
おかげで、お腹いっぱいになり中性脂肪値も、それなりに上昇したと思われます(^^;)

その後は、去年独立した友人の家に行き会社の経営相談等の話をしてきました。
まぁ、儲かっている(?)会社でも色々と大変な時代ですねぇ…
何だかんだで今日も長い一日になりました。





プロフィール

渕野辺在住

Author:渕野辺在住
カワハギ釣り専門の釣り
バカブログです。
釣り以外の私生活で感じた
ことなども綴ってたりします(^^;)
神奈川県相模原市中央区
淵野辺在住。
趣味はバッティングセンター
でボカスカ打つ事とアサリ剥き(^^;)。
好きな言葉は、宙でバクバク、
荒喰い、イレパク、 
 サ ル 状態
好きな釣り方は、カックラバーチと
○野さん釣法
好きな曲は
奥華子の楔
尾崎亜美の蒼夜曲
THEBOOMの風になりたい
my little loverの
DESTINYと昔からある場所

Comments...A

openclose

最新記事
過去記事(ログ)スクロール

2018/11 (1)

2018/10 (1)

2018/09 (1)

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (3)

2017/06 (2)

2017/05 (4)

2017/04 (1)

2017/03 (2)

2016/11 (3)

2016/10 (3)

2016/09 (2)

2016/08 (5)

2016/07 (4)

2016/06 (5)

2016/05 (7)

2016/04 (6)

2016/03 (1)

2016/02 (3)

2016/01 (5)

2015/12 (8)

2015/11 (7)

2014/04 (9)

2014/03 (13)

2014/02 (13)

2014/01 (18)

2013/12 (17)

2013/11 (26)

2013/10 (24)

2013/09 (21)

2013/08 (12)

2013/07 (15)

2013/06 (13)

2013/05 (6)

2013/04 (13)

2013/03 (13)

2013/02 (23)

2013/01 (28)

2012/12 (15)

2012/11 (13)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (15)

2012/07 (16)

2012/06 (16)

2012/05 (13)

2012/04 (13)

2012/03 (14)

2012/02 (14)

2012/01 (18)

2011/12 (26)

2011/11 (18)

2011/10 (20)

2011/09 (16)

2011/08 (15)

2011/07 (15)

2011/06 (18)

2011/05 (13)

2011/04 (10)

2011/03 (10)

2011/02 (12)

2011/01 (15)

2010/12 (17)

2010/11 (16)

2010/10 (17)

2010/09 (13)

2010/08 (12)

2010/07 (9)

2010/06 (11)

2010/05 (10)

2010/04 (10)

2010/03 (8)

2010/02 (10)

2010/01 (11)

2009/12 (15)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (12)

2009/07 (9)

2009/06 (6)

2009/05 (10)

2009/04 (7)

2009/03 (10)

2009/02 (12)

2009/01 (15)

2008/12 (14)

2008/11 (7)

2008/10 (7)

2008/09 (2)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンクツリーV1.1a
今日の日付入りカレンダー

09 | 2009/10 | 11
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-