カワハギ釣り 2010年03月
FC2ブログ

3月度 皮研例会

今日は3月の例会です。
先月の例会は相対的な釣果としては良かったが…
まぁ…こないだの剣崎沖よりは良いのだろうと思いながら6時過ぎに到着。
風が結構吹いているので出船できるか若干不安でしたが○ェ門丸の船長は
「出ることは出るっぺ…」と言っていたので防寒着に着替えます。
皆さん集まり釣り座と船の抽選を始めます。今日はゴヨーさん、藤○さん、パン屋さん等が
欠席で会長さんは朝に顔を出して来られましたが用事があるので直ぐに帰られました。
そんなわけで欠席者は何人かいましたが、参加者数は計30名と予想以上に来られています。
出船前のミーティングでは雨が降ってきたら上がりましょうとのこと…

001.JPG

私の乗る3号船(○ェ門丸)は片弦5名の計10名。左舷ミヨシから2番に私で大艫には
○ノ井さん。右舷側には○野さん、吉○さん、○志田さん等5名のメンバーで出船。

006.JPG

最初の流しは小網代沖32m…アタリがありません…違うアタリを取って先ずクラカケゲット…
そして…また私的に恒例のトラブルというか何と言うか…
レッドチューンの穂先が折れてしまいます。ガイド絡みではなく何故折れたのか分かりません…。
気を取り直して鬼攻極先調子に変更。開始一時間たったあたりで船中3枚…
私が顔を見られたのは9時半頃。底を切ってのタタキ後の送り込みでゲット。

003.JPG

次の投入でも掛けましたが、アタリに対する対応が雑で早合わせになりバラシ…
このような渋い状況では僅かなミスが命取りになります(汗。
もう来ない…掛け直しが利きません。カワハギにしてみたら…
「チッ、二度と喰うか!バカ!」てな感じでしょうか(^^;)

011.JPG

それにしても真冬並みの寒さと、この渋い状況の中、船内全く盛り上がらず修行の様相です…
10時過ぎ頃にエサを盗られる流しが来て絞り出すように、その流しで2枚追加し3枚。
その後、石鰈を釣ります、ここまで○ノ井さんも3枚、右舷は0〜2枚ぐらいだったと思います。
しばらくして○ノ井さんは4枚目を追加。左舷はそれ以外は全く反応が出てこない様子です。
この辺りからまた裏側の○野さんがポツリポツリですが着実に釣り始めます。

それから私に反応があったのは13時20分で、またバラシ…
「に・ど・と・ く・わ・な・い」といった感じで裏側に行ってしまい
○野さんの魅力的な誘いに乗ったようで…しっかり○野さんに釣られました(^^;)
ダメだ、敵わネー…修行を通り越して拷問に近付いてきました(苦笑

今日は何とか集中力を保とうと努力はしましたが思考能力は停滞気味でした…
そんなわけで、それからホウボウを追加しただけの3枚で終了…

019.JPG

結局雨は降らなかったので規定の15時まで釣りは出来ました。

016.JPG

左舷側は悲惨で0枚が3人も出てしまいましたが大艫の○ノ井さんは6枚で竿頭点ゲット。
やっぱり強えぇ…(^^;) 右舷も○野さんが6枚でトップ。そんなわけで船中釣果は0〜6枚でした。
ん〜…剣崎沖並みの渋さでしたね…沖上がり後の成績発表では2号船右舷で○郷さんが11枚で
優勝!準優勝は同じく2号船左舷10枚で○江さん、あとは8枚で斎○さん、鈴○正○さん7枚
という結果で上位4名は2号船でした。2号船はメンバーが上級者が多かったこともあるかとは
思いますが船中55枚でトップ。1号船は34枚で私らの3号船が23枚という結果でした。
1位、2位の方の釣り方の発表では細かく誘った後でゼロでかなり長く待って
出たアタリで掛けて行ったとの話でした。

さて…来週はイカ喰いたいのでおそらくマルイカです。

PS:○中さん、ご結婚おめでとうございます!(^^)。
私も出来るかどうかは別として結婚して真人間にならなくてはダメだと考えさせられました(汗…



スポンサーサイト



今週末は…

今週は土日と休めますが…明日土曜日はアサリの仕入れや散髪屋に
行かなくてはならないので休養します。

そういえば…マルイカ用オモリの話ですが…
フジ○ラから出たタングステンシンカーがダ○ワの
さらに上を行く正真正銘の○カ高いオモリとして登場したらしいのですが…
これまた探した時には既に店頭から無くなっていました…orz
なにやらフジ○ラのは「沈下速度最速」だとか…

フジ○ラタングステンシンカー=○カ高いオモリ
ダ○ワタングステンシンカー=高級オモリ
これからそう呼びます(^^;)

ヤ○オクで探しても見つからず…私は高級オモリで我慢することします(苦笑



今年初の久比里

今日はかなりの久々、久比里○下丸からのカワハギ釣りです。
そういえば…去年のDKO予選以来、久比里には来ていませんでした(汗
到着したのは6時数分前頃。ブログ読者の方も来ておられて、
声をかけられましたが氏はカサゴ船だとのことで少し残念…
カワハギ船の船頭さんに挨拶して最近の状況を聞くと外道も少ないらしい…
しばらくしてゴヨーさんが到着し合流。
今回はゴヨーさんと、氏のお仲間の方も来ての釣りです。
このお仲間の方は、久比里カワハギ船で何回かお見かけした高○さんでした(^^)

004.JPG

私は冷凍アサリの在庫処分をしなくてはならないので今日は自分の分は
剥きませんでしたが、お二方のアサリ剥きのお手伝いをさせていただきました(^^)。

最近の釣果はHPでチェックしていたが連日トップが5枚だ(汗
ツ抜けすら目標に出来ない状況であって、油断したらボウズの可能性もある。
それにしても冷静に考えてみると、こんな状況下においてもカワハギ船に乗る
という人間は異常なのか…(^^;)、 連休最終日にもかかわらずカワハギ船は
他に乗る人が来ない様子で私ら3名だけ…

008.JPG

そんな状況のためなのか分かりませんが、船宿スタッフの結構釣る息子さんも
乗るとのことで寂しく4名で8時に出船。釣り座は左舷大艫に高○さん、胴の間に私、
ゴヨーさんと並び、スタッフの息子さんは右舷胴の間ややミヨシ寄りです。

016.JPG

ん〜…久々の剣崎沖の眺めだ…最初の流しは剣崎沖32m。
薄濁りで剣崎沖にしては潮はそれほど速くない。
早速アタるがササノハベラだった…
それ以降アタリが全くない(苦笑
皆さんもこの渋さに(苦笑…

015.JPG

初の顔を見られたのは10時半頃で、そのまた10分後に2枚目。
ここまで船内でダントツ(^^;) 他の方はまだ顔を見られていませんでした…
ここまで釣れたのはハゲ系でしたが、11時過ぎあたりに釣った3枚目はスピード7号。
そして船内の地合いと言うべきか、12時頃にゴヨーさん、高○さんも顔を見られ、この流しで
私も2枚追加します。ゴヨーさんも2枚釣り本領発揮か(汗
おそらくこの流しで右舷側のスタッフの息子さんも釣っていたと思います。
しかし、それで地合いは終了…そこからまた私も含め全くアタリが止まってしまいました…。

010.JPG

そうして静かな時間が刻々と過ぎ、沖上がり30分前に餌を齧っている形跡があったので
集中すると2時間ぶりに本命をゲットし、この流しで2枚追加出来ました。
結局このまま私は7枚で終了…ツ抜け出来なくて残念なんて贅沢なことは言いません(苦笑
予想通りの渋さでした…船中釣果は2〜7枚だったので、最近の状況からして普通の状況
だったのだと思います。

020.JPG

帰り道にヤギ○に寄ると藤○さんが店から出て帰り際に会って情報交換。
氏も今日は○乃助丸から出たそうで6枚、トップで7枚だったそうです。
そして店に入るとパン屋さんがお買いものをしていてまたバッタリ。
氏は成○丸からマルイカ船だったそうですがイマイチだったようです。
私なら満足できる釣果でしたが(^^;)
しばらく近況報告や雑談をして帰られました。

ん〜来週は魚でなくイカにするかな…と思いましたが皮研の例会なのでカワハギです。
今は、おそらく小網代〜城ケ島の方がカワハギは釣れると思います。



今シーズン初のマルイカ釣り

今日は何も考えず佐島に向かいましたが…
○楽園が木曜日が定休日だということに気付いたのは到着してから(苦笑
平日釣行なんて長らくしていなかったので全く考えていませんでした…
どうしたものかと…そんなわけで隣の船宿の○平丸に乗ることにしました。
私の記憶が確かなら…5年前にカワハギで1回と一昨年にマルイカ船で1回乗っただけ。
到着時間は6時だったがマルイカ船の札は取られていないので迷わず胴の…いや、右舷大艫を
ゲットします(^^) マルイカ釣りは別に修行するつもりはありません。
美味いマルイカを少しでも多くゲットするのが目的です。

002.JPG

そんなわけで、出船時間まで借りてきた猫のようによそよそしく且つおとなしく広い事務所で
過ごしていました。(^^;) しかしとても感じの良い船宿という印象です。

ベテランマルイカ師とみられる方に色々聞いてみると…「70m以上とかも流す時がある」と
か「今日は電動(リール)にしようか…」とか言って脅されました…いや、氏は別に脅して
いるつもりではなく私が勝手にビビってるだけです(^^;)
それでもマリネス等の最近の情報では、どこも大体40〜65mほどなので、気にしないよう
にして7時半に出船。乗船客は結局片弦7名の計14名。私は素人丸出しの活かしバケツを持
ちこみました(^^)ただでさえ荷物が多い私なのに…よしときゃいいのに…(苦笑

009.JPG

最初の流しは佐島沖50m弱。今日のタックルは極鋭テク180に艶消しブラックのカスタム
されたイッツICV。オモリは高級オモリの50号を使っているので着底は早く、隣の方の
60号ノーマルオモリより4秒ほど早いです。仕掛けは一昨年から使ってるヨレヨレ直ブラ
ですが、ラインは特にささくれていないので気にせずセット。
足掛け3年物ですが去年は3回しかマルイカやってないので…

016.JPG

しかし、開始から小一時間は釣れず、右舷しか確認できていませんが1〜2ハイ釣れてるだけ
です。今回はカウンター付きのリールを初めて使いましたが良い按配で水深と仕掛けの位置が
判るのは良い。そんな事を思いながら8時過ぎ頃に、ようやく1ハイ目。
誘って叩いてタイミングで掛かりました。その後10時前あたりに少し地合いが来て2〜3
ハイ目の連チャンがありましたが、身切れあり、イカの足をツマむ時間を過ごしました…。
しかしポツポツ釣れて11時時点でムギイカ混じりで7ハイ。
それにしても船内釣れていないようで12時前あたりに城ケ島沖に移動を始めます。
ここまで11ハイでした。

023.JPG

到着すると…ん〜…船団が形成されています。
誰か知ってる人乗ってるかな…と見てましたが…成○丸にババさんに似た方がいて、
じっと見てましたが別人でした(^^;)。
ここでも平均して大体40m代後半の水深を流していますが、アタリが出なくなりました。

028.JPG

それでも13時ごろでしょうか、少しの地合いがあり、3ハイ短時間で釣りました。
しかし…全てムギイカ…orz ムギイカは元気よくアタックしてくるので良くわかります。
その後の1時間半で竿先が戻るアタリでしっかりアワせて本命マルイカ2ハイを追加して
ムギイカ4ハイ込みの計16ハイで終了。船中釣果は2〜28ハイでしたが、竿頭の方は
左舷ミヨシ3番でダントツ。次頭はおそらく朝に私がお話をした方で17ハイ。
隣の方は9ハイで後ろの左舷艫の方は
10ハイとのこと…。おそらく私は3〜5番手あたりかと思います。

029.JPG

釣り座と高級オモリのお陰で、なんとか船中平均以上釣れたので満足です(^^)
右舷は私が釣れていた方で、あまり釣れていませんでした。聞いたところでは
左舷ミヨシ側に集中していたようです。

次回は22日(祝) 久しぶりに久比里からのカワハギ船に乗ります。
渋いことが予想されますが当日は「イカの引き」ではなく「魚の引き」を味わえるので
それだけでも楽しみにしてます(^^)


急遽明日…

世間一般で言う今度の3連休は土曜日が仕事…
日曜日は身内の用事で最終日にゴヨーさんと久比里○下丸で
撃沈覚悟のカワハギ釣りです。
そんでもって…明日は急遽休めることになったので今シーズン
初のマルイカ釣りに行きます。

佐島ですがツ抜けできれば良いと思っていますが…(^^;)
深場は初めてなのでアタリが分からないかもしれません(苦笑
昨シーズンのマルイカは全く釣れなかったのですが、今シーズンは
幾分か良さそうな感じでムギイカもあまり混じっていないようなので楽しみです。


残念な事と今週末の予定

今日で仕事の方が、ようやく一段落しました(^^)
いやぁ…疲れましたホント(汗

そんな自分を労うべく今日は一人酢豚(^^)。
今日の店は昼は定食があるが、その他の時間帯は安くない店
しかし味は良いので楽しみにしてましたが…
見た目は以前と変わらないが肝心の味の方が…orz
私は酢豚にはうるさい方だが、値段なりのものであったら
文句は言わない。しかし、酢豚、ライスにスープが付いて春巻きで
2,520円。これぐらいのものなら中華街に行けば適当に飛び込んで
味わえる味に成り下がっていた…もう行きたくなくなった…
帰りがけに厨房を確認するとコックは変わっていなかったが…

誰か酢豚の美味い店紹介してください(汗
相○屋に行った後でたまに寄る中国系夫婦がやっている店の方が安いし美味い。

そんなわけで…愚痴はこのぐらいにしまして…
今週末は3連休があるが休めるのはおそらく2日間。
釣りたいのはカワハギ…喰いたいのはマルイカ(^^;)
先月の佐島での今シーズン最後のカワハギ釣行後に鶴ちゃんに
「マルイカ船が40号使えるようになったら来ます!」
と言ってあいさつしてきましたが…○楽園のHPではラインが細ければ
40号からOKみたいなこと書いてるし…久比里にも早く顔出したいし(汗
手持ちの在庫を確認したら高級オモリの50号が2個あったので、今の水深でも
十分対応できる感じ…60mを手巻きか…それで船べり付近でボトボト落っことしたら萎えるorz
そんなわけで…連休中は出来ればマルイカと剣崎のカワハギを楽しみたいですねぇ。



タナが気になり…

今日は休めることになりましたが…体、神経ともに疲労でとても釣り
できる状態ではないし明日は仕事ということもあり体を休ませることにしました。

少し前から探していたリールがありまして…
数量限定品なので私が探し始めた頃には既に各店頭から無くなっていました…
そんなわけでヤ○オクで物色して2回ほど入札し競い負けて…
ようやく手に入れることが出来ました。
このリールはバス釣り用品のメーカーが出したものです。
一見すると…カッコイイんだか悪いんだかよくわからないリール…
ん〜やはり…微妙(苦笑

003.JPG

性能そのものはダ○ワのイッツICVと同じだと思いますが
バス釣り用に外観をメインにカスタムされています。
イッツICVからの変更点は色が艶消しブラックになりハンドルが
ダブルになりキャスコンカバーとドラグツマミ形状が変更。
性能面でもスプールとクラッチレバーが赤くなっただけで変わらないようです。
ブレーキ調整機能もありませんが投げない私には関係ありませんけど…。
ネットで色々と評価を検索したところ…メーカーサイトを見るとやはりバス釣り用に
出したリールなようですが…船釣リールを外観上カスタムしただけなので
「もう売ります」とか「飛ばない」とか評価は散々でした(^^;)
しかし私は海の船釣りでしか使わないので全く気にはなりません(^^)
ラインデーターを入力すれば、水深表示は、わりと正確なようですが
私としては底からの距離が測れるので宙層釣り、置き竿釣法に役立つと思います。
自重は270gと重たいですが、昔は小船1000で釣っていたので
無理やり気にしないことにします(^^;)



絶対に不可能なものを求める矛盾と楽しみ

仕事の方は、いよいよ繁忙期終盤に差し掛かりあと1週間ほどを乗り切れば
しばらくの間はこの緊迫感から解放される…もうひと踏ん張り頑張らねば(汗

さて、釣りの話ですが…

マルイカが順調に釣れているようで…
佐島でも40号使えるとか○楽園のHPに書いてあったが…
例のバ○高いオモリの40号は1個しか持っていないので、おそらく来月にまた店頭に並ぶ
ので速攻でゲットしたいところ…しかし、なんだかんだ言っても私は通年カワハギ釣りが
メインであるからして今はまだ…マルイカ食いたい→釣りたいという域を出ない。
未だ楽しみを知らないアマチャンだと言われるだろうが…おそらく、大して美味くなかったら
行っていないと思います(^^;)。

一言で説明するのは難しいが他の釣りにはない何かがカワハギ釣りにはあるのだ(^^)

周りを見渡すと季節ごとに、あるいは気分によって器用に様々の釣りを楽しむ人が多い。
今のところ私は気持ち的にも時間的にも、金銭的にも他の釣りを楽しめる余裕がなくカワハギ
釣り以外の釣りには興味が湧いてこない。精神的に器用ではないという事なのかもしれない
が、これが私の楽しみ方であって今の処は無理して他の釣りに手を出すつもりはないです…。


究極的な目標は下にいるカワハギを全て掛けるということである以上、
私はどんなに良かった釣行であっても満足することは無い。
そんなことが出来ないことは誰だってわかりきっていることだが…
以前は竿頭になったり自分よりハイレベルな釣りをする人より釣った日は喜べたが
今はそんな目出度い気分にはなれない…いや…正直言うと今でもちょっこっとは
嬉しいかもしれないが…(^^;) しかしそれでもミスや課題は思い浮かんでくる。
隣で釣られて自分が釣れなかった流しがあれば、それだけでやっちまったと思う。
 
6年前に、カワハギの釣り方を自分なりに発見して釣果が目に見えて
伸びた時はそれはそれで楽しく、しばらくの間は無邪気に喜んでいたりしていました。
しばらくしてまた釣れなくなり何故なのかさっぱり分からず、苦悩する釣行が続いた。
釣れなくなった原因は絶対的な引き出しの少なさと心の隙(うぬぼれ)が生じたこと
であった。

その当時からは少しは進歩できたとは思うが今でも昨年末から今年の始めあたりに、さっぱり
釣れなくなった期間もあったりと、修行の身であることを痛感した。始めた当初の、うぬぼれ
は全く無いのだが釣果的には似たようなことを繰り返している(苦笑。

特に大事なのは集中力を保つことである事は言うまでもないが、その集中力を引き出すには、
それなりの裏付け…経験からくる状況判断や自身のコンディション等でもかなり左右される。
最近、謙虚さと自信の違いってこういうことか?と気付き始めた気がする…
自信、確信、集中力は連関しており、釣果に良い作用をもたらすと思う。
しかし残念なことに根拠、裏付けがないと、なかなかこうは行かない…。

私は皮研を初めとして、上級者と知り合える機会に恵まれている環境下にいると思う。
中にはアドバイスをいただける人もいる。ただ、それが単なる猿真似にならないかという
自身の中での大げさに言うと恐怖感がある。だからといって決して聞く耳を持っていない
というわけではないのだ。それらの見たこと聞いたことを頭の隅に置きながら自身の釣り
スタイルの中で模索している…と思っている。

今まで私が経験してきた釣り物の数は少ないが、ここまで考えられる釣りには出会ったことが
ない。自身の将来のことまでは分からないが、おそらく死ぬまで続けるかもしれない

なぜなんだろうか!?…
大物釣りは、それはそれで釣り方もあるだろうが、運的な要素がかなりのウエイトを占める
ことは否定できない。また、魚影の濃い地方や海外遠征などすれば意外とあっさり釣れて
しまうこともある。事実、それで私は今迄とは次元の違うデカバスを釣ってしまいバス釣り
への情熱は急速に薄れて行った。今考えてみれば安易に釣れてしまうフィールドに行って
楽しみ方を間違ってしまったような気もする…

カワハギ釣りは、型物を狙うという楽しみもあるが、一番の醍醐味は状況を読み、魚との
駆け引きの結果、何枚のカワハギに出会えるかということ。
これはあくまでも私個人の偏屈なくだらない考えかもしれないが、それらを意識することで
モチベーションが保たれているのだと私は思っている。

今まで生きてきた中で私は数多くの趣味を経て、その時代時代でそれなりに入れ込みながら
楽しんできました。それぞれに止めてしまった理由はあるが、情熱が薄れた、あるいは興味が
無くなってしまったことが決定的な要因である。
そして現在はカワハギ釣りのみと言える状況だ(^^;)
あの世でカワハギを釣っていたいとは思うが残念ながらあの世は存在しない。
だから私は今現在、精いっぱいカワハギ釣りを楽しみながらこれから先も生きる糧にして
行きたいと思う。

ん〜…書き進んでいるうちにこんなに長くなってしまった(汗 
このように、実にどうでも良いことを考える私は…救いようがないバカです(苦笑
くだらない更新してスミマセンでした(^^;)



プロフィール

渕野辺在住

Author:渕野辺在住
カワハギ釣り専門の釣り
バカブログです。
釣り以外の私生活で感じた
ことなども綴ってたりします(^^;)
神奈川県相模原市中央区
淵野辺在住。
趣味はバッティングセンター
でボカスカ打つ事とアサリ剥き(^^;)。
好きな言葉は、宙でバクバク、
荒喰い、イレパク、 
 サ ル 状態
好きな釣り方は、カックラバーチと
○野さん釣法
好きな曲は
奥華子の楔
尾崎亜美の蒼夜曲
THEBOOMの風になりたい
my little loverの
DESTINYと昔からある場所

Comments...A

openclose

最新記事
過去記事(ログ)スクロール

2018/11 (1)

2018/10 (1)

2018/09 (1)

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (3)

2017/06 (2)

2017/05 (4)

2017/04 (1)

2017/03 (2)

2016/11 (3)

2016/10 (3)

2016/09 (2)

2016/08 (5)

2016/07 (4)

2016/06 (5)

2016/05 (7)

2016/04 (6)

2016/03 (1)

2016/02 (3)

2016/01 (5)

2015/12 (8)

2015/11 (7)

2014/04 (9)

2014/03 (13)

2014/02 (13)

2014/01 (18)

2013/12 (17)

2013/11 (26)

2013/10 (24)

2013/09 (21)

2013/08 (12)

2013/07 (15)

2013/06 (13)

2013/05 (6)

2013/04 (13)

2013/03 (13)

2013/02 (23)

2013/01 (28)

2012/12 (15)

2012/11 (13)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (15)

2012/07 (16)

2012/06 (16)

2012/05 (13)

2012/04 (13)

2012/03 (14)

2012/02 (14)

2012/01 (18)

2011/12 (26)

2011/11 (18)

2011/10 (20)

2011/09 (16)

2011/08 (15)

2011/07 (15)

2011/06 (18)

2011/05 (13)

2011/04 (10)

2011/03 (10)

2011/02 (12)

2011/01 (15)

2010/12 (17)

2010/11 (16)

2010/10 (17)

2010/09 (13)

2010/08 (12)

2010/07 (9)

2010/06 (11)

2010/05 (10)

2010/04 (10)

2010/03 (8)

2010/02 (10)

2010/01 (11)

2009/12 (15)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (12)

2009/07 (9)

2009/06 (6)

2009/05 (10)

2009/04 (7)

2009/03 (10)

2009/02 (12)

2009/01 (15)

2008/12 (14)

2008/11 (7)

2008/10 (7)

2008/09 (2)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンクツリーV1.1a
今日の日付入りカレンダー

02 | 2010/03 | 04
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-