カワハギ釣り 2010年08月
FC2ブログ

今週の予定

今日は横浜に用事があったので元町商店街の「幻のパン屋」さん
に行ってみましたが…やはり開いていませんでした(苦笑
あと何回行ったら開いているのか…(苦笑
そのうちまた行くことにして…

さて…有給が有り余っているので…
明日は佐島のカワハギも始まったことだし佐島に顔出して
見ようかと思っています。船宿に殻付アサリの在庫はあるか
問い合わせたらあるとのことだし…
週末はまた土曜日に久比里に向かう予定です。




スポンサーサイト



剣崎沖のカワハギ釣り

やはり出発まで佐島にするか久比里にするか迷ったが…
佐島にはカワハギ→マルイカとずっと通っていたので今日も○下丸に向かいました。

001.JPG

到着したのは5時45分頃で顔見知りの方は2人ほど。今回は1号船の左舷胴の間が
開いていたので速攻で確保しアサリもさっさと剥き終えました。
先週に引き続き2隻出しになるそうですが向う岸の船には早々に10名ほどの方が
乗りこんでいました。1号船は左舷6名、右舷7名の13名。準備をする段階で少し考え
久々にレッドチューンとリーディングX―A1も使う事にしました。
他にはいつもの鬼攻を船内に持ち込み、ナントカマスターは車にしまいます。

右舷大艫の顔見知りの方との雑談では…


「いやぁ〜…ツ抜けしたいですねぇ〜…」

本音では20枚とかそれ以上釣りてぇ〜!とギラギラした思いを内に秘めているわけで(^^;)

007.JPG

久比里3軒は夏休み明けなので剣崎沖は叩かれていないだろうし先週より少しは
釣れるだろうと甘い考えをめぐらせながら8時の出船時間を迎えました。
右隣には7月31日の釣行で同じ右隣で遠投して釣っていた方。
釣り場に到着し剣崎沖の20m〜25mの根周りからスタートします。
タックルはレッドチューンセットにスピード7〜7.5号。
もう…開始からベラの猛攻を受けまくって巨ベラのアタックに騙され顔を見てガッカリ…
他の方も外道も釣れるがそれぞれがその中にカワハギが少し混じります。
しかし私には全く混じらない(汗 魚自体の釣った数は負けていないが、外道ばかりでは
何もならない…艫と私の左隣の方は3〜4枚釣っている。

010.JPG

開始から2時間たったあたりで私の左舷は私を除く全員が顔を見られ少し焦ります(汗
2時間半経過…全く釣れず相変わらず巨ベラに騙されたりする時間を過ごす。
バラシとかがあるわけではなく全くカワハギのアタリが来ないのだ…
この時点で…もうツ抜けがどうこう以前の問題になってきている状況。
宙も探るが50cm上までトラギスが喰ってくるし1m上までベラも
喰ってくるしキタマクラまで釣れてくる…そんな状況の中、宙で辛抱強く待てないので…

008.JPG

仕方ない…あれやるか(苦笑

アレとは私の場合はスピード這わせ、置き竿釣法、謎の生命体演出、未だ効果が不明な
L○Dフラッシュ…これぐらいしかない(苦笑 

時間は10時40分…で…あれで先ず巻き上げ時に巻き手を2〜3回止めるほどの元気な29
cmを皮切りに3連チャン。手で持っていると待てないので…そうです、置き竿釣法。これは
ハマれば結構釣れるのです。私が久比里に来た当初に乗っていた黄色い船宿にベテランハギ師
の大○さんと言う方が、いらっしゃるのですが、これで竿頭を取られることもある釣法。
今日は底から2mで待って竿から手を離し竿先を凝視。この作業は冷やしタヌキ(冷やし中華
でも良い)や弁当、サンドイッチを喰いながらでもジュースを飲みながらも竿先から目を離さ
ない(少し離すぐらいなら問題なし)アタリが出てもしばらくほっとく→竿先がガンガンガン
→ガンガンガン!竿を手に取って巻き上げる。

011.JPG

そうやって3枚釣って少し落ち着けましたが、底に仕掛けを下すと速攻で
ベラトラが勝手に掛かって来るような状態は続くので、再度置き竿釣法で
拾って行きます(^^;) 宙層が苦手な(待てないとか)人は最初はこれがお勧めです。
そうしてようやく14時15分頃にツ抜けしましたが、そのままの10枚で終了…
ゼロテンでは全く釣れず、8枚を宙層で釣りました。
ここ最近は…21枚→15枚→11枚→10枚…
ん〜…こんな感じなので来週はツ抜け出来ないかも知れませんね(苦笑

014.JPG

船中釣果は3〜13枚でトップは右舷ミヨシ、11枚が右舷艫から確か2番、顔見知りの
方の艫10枚、左舷艫から3番の方10枚、私の10枚と続きました。
別船はトップで12枚とのことでした。

018.JPG

今回も状況判断が遅れてしまいかなり出遅れました…前回あたりから自身の感覚と
状況とのズレが大きくなってきました。おそらく序盤から宙層を探っていれば数枚は追加
出来たと思いますがこれも勉強…次回また頑張ろうかと思います。


今週末の予定

今週も土曜日の釣行となりますが…
マルイカも終わり、カワハギ船を出す船宿も出だして
私のホームのひとつである佐島でも今日からカワハギ船がスタートしたようです。
明日は久比里か佐島にするか迷うところですが…
やはり久比里でしょうかね(^^;)
しかし、まだ決めかねているので向かいながら決めることにします。
さて…最近の私は第四日曜日に仕事が入ってしまう事が多く、皮研の例会
にほとんど出られない状況が続いていましたが…思い切って参加出来る
環境にしたというか結果的になってしまったと言いますか…
何れにしても自分で考えた結論なので…そんなわけで今後は少しノンビリと
自身のこれからの環境について考えようと思います。

取りあえず明日は前回よりは釣りたいものです(苦笑



剣崎沖のカワハギ釣り

今日は4時50分に出発し道中は順調…久比里へ到着したのは5時30分頃。
久々に赤いスポーツカーさん改め白いスポーツカーさん(以下白スポさん)が
来られていたので隣で釣ることにしました。
しかし…カワハギ船の1号船は左右艫から胴の間ミヨシ寄りまで、ほとんど埋まっている…
ミヨシ側は空いていたが…しばらく考え2隻出しになるので向う岸に着けてある
2号船に乗ることにして白スポさんが右舷大艫で私がその隣。
しばらくして蒲田皮研の○本さんが来られて、氏も私の隣で釣ることになりました。
若干魚が回って来ない気もしましたが…(^^;)
2号船は片弦5名の10名で1号船は20名弱ほど乗っていたと思います

004.JPG

2号船の船長さんは確かシロギス船の船長さんですが氏の船に乗るのは初めてです。
そんなわけで8時に出船し剣崎沖へ向かいます。
タックルは今回も鬼攻極先調子軽量化仕様にピラピラ3枚集寄に
スピード7号から使い始めました。

005.JPG

今日も剣崎沖の20m〜25m。
出足は順調で最初の投入で顔を見られて連チャンで2枚釣ります。
少しホッとしますが、そこからバラシ捲り(汗
そんなことをしているうちに白スポさんが順調に枚数を重ね、
少し遅れて私を挟んで左隣の○本さんもペースが上がってきました。
何が違うのか…多少の竿さばきは違えど、基本的な掛け方は両氏同じです。
アタリが出たら送り込まず、そのまま聞き上げて掛けていました。
私は最近の釣り方である誘ってゼロから出たアタリを送り込んで掛けますが
吸い込みが弱くハリも小さいせいなのかバラシ連発…orz
白スポさんがツ抜けた時点で私は3枚…左隣の○本さんも追い上げて来て私は
とっくの昔に皆さんに置いて行かれている状況。

006.JPG

しかし、皆さんカワハギばかり釣れているというわけではなく、ベラ、トラギス、鬼カサゴ
のオンパレードの中でカワハギがポツポツと混ざる状況。
私も同じぐらい外道は釣れますがカワハギが掛からないという時間が続きました。
私の竿は…鬼攻改め…ベラ攻極先調子になっていました。
私のハリはずっとスピード7号だったのでサイズアップしようかと思いましたが、
7号を大量に外に出してしまっていることもあって掛け方で工夫しようと思い、
そのままで釣っていました。

007.JPG

そんなわけで…少し誘ってデッドスローで聞き上げ、そこでアタリが出ても
送り込まずに聞き上げてシグナルが強くなったら巻き上げるといった感じで
やってみるとバラシも減って掛かるようになりました。
要するに…その後は真似していました(汗
しかし時すでに遅し…やっとの思いでツ抜けしたのは14時前で、そこからは皆さんも
カワハギが釣れなくなり私は15時の沖上がり寸前に1枚追加してやっと11枚…orz

009.JPG

竿頭は白いスポーツカーさんで18枚、左隣の○本さんは15枚という結果でした。
船中釣果は初心者の方がいたので0〜18枚でした。1号船はトップで14枚が
2名とのこと。今回も少し○○○○○○―を使いましたが今日もこの竿で釣ることは
できませんでした。使うなら使うで、徹底的に使わないと勘所が判らないのでダメなのでしょう。
いつか使い込んでみるつもりなのでこれからも船内に持ち込む予定です。

久々に大撃沈…orz 非常に悔しく情けない釣行となってしまいました。
次回は絶対今日より釣ってやる!!と決意を新たにし久比里を後にしました。
これだからいつまでたっても止められない(苦笑


今週末は…

今週末は土曜日は休めそうですが日、月と泊りで仕事関係の研修へ…
おそらく土曜日に久比里に向かうことになるでしょう…

自宅に帰れば…カワハギ釣りについていつも考えていますが
相変わらず分からない事だらけで…

まぁ…幾度となく書いていることですが…
一日を通してそのパターンで釣れ続くという経験は、ほとんどありません。
刻一刻と変わって行く状況、カワハギの気分を読んで対応して行こうと
考えて釣りしていますが、これがなかなか上手くは行かない。
時にはこちら側主導でカワハギの気分を高揚させて有利な状況に
持って行ける事もありますが、そのような状況はなかなかありません。

例えばハリの選択についてですが…
前回の釣行ではウネリがかなりあって最初からバラシがある程度あるのは
仕方ないと考え出船しましたが、やはりバラすのはクヤシイし、一回は苦労して
掛けた魚ですから逃してしまうという事は嬉しい事ではありません。
こないだは、そのような状況の中、いっそのこと○○○○○○―に
開き気味のワイドフックで点で掛ける即掛け一発で仕留めようと考えてみたり、
ハリを大きくして、吐き出しにくくさせようかと思い、試行錯誤していましたが
結局最後まで対応できませんでした。あ。○E○も点灯させましたが(^^;)

これは個人的な考えですが…
バラすかどうかは掛けた段階でほぼ決定しているのだと思っています。
要は状況に応じたハリの選択と掛け方の問題…
その後の巻き上げの問題でバラしてしまう事も前回のようなウネリがある状況だと確かに
増えると思いますがバラシの7〜8割方は掛け方の問題であると昨シーズンあたりで
確信しました。ウネリがあると何故バラシが増える傾向にあるのか?
巻き上げ時にウネっているからバラすのではなく、それをかわせない事に因る掛かり方や
掛け方の制限の問題であると思っています。
要するに釣り手主導のタイミングで掛けられない…
それでも安定した釣果を挙げる人はその状況に応じた釣り方を知っている人だと思います。

竿の問題では…ある状況では感度が良い竿=魚側にとって違和感を感じやすいので掛かり方
に問題が出てしまうという状況もあると考えています。
これはそれぞれの釣り手やスタイルによって、または状況によっても当然違ってきます。
竿によっても当然特徴があり、ブランクス感度、穂先感度、目感度、第六感、感度(?)等…
私の所有する竿はどれも違います。

異論を持つ方も結構おられるかと思いますがあくまでも個人的な見解として聞き流して
ください。

今では数多くのカワハギ竿が市場にあり、選択肢が広がって良いという感じ方や、
あり過ぎて選択に困るという感じ方もあると思います。
私は後者の部類ですが…(汗 まぁ…私自身器用ではないので…(^^;)

あ。書いているうちに何が言いたいのか分からなくなってきました(苦笑
簡単に言えば…いつか○○○○○○−を自分の武器として使えるようになりたいということです。


取り留めのない話をしてしまいましたが…また次回もクヤシイ思いをしながらも
楽しく釣り出来たらイイと思います。(^^)



剣崎沖〜下浦沖のカワハギ釣り

台風の影響もあって夏休みも終盤に入り、ようやく海に出られる事になりました。
しかし、前日の予報では風は結構吹く予報だったので、若干心配しながら
自宅を5時15分頃出発、横横道路を走行中は横風が強いので気をつけて向かいました。
到着したのは6時半頃で、いつもよりは、やや遅め。
予報が悪いので、客足はそれなりだろうと思っていたが…

001.JPG

カワハギ船は結構混み合っていて、準備をしているうちに両サイドに後から数人乗りこんで
来られたので片弦12名ほどに…(汗。私はいつもの左舷胴の間を確保したが、そんな状況
なので、2隻出しにすることになり、結局私の乗る船は左舷7名、右舷7〜8名の
14〜15人ほど。2号船には10名ぐらい移って行ったと思います。
そんなわけでアサリも剥き終え8時に出船。

004.JPG

湾に出て水を汲むが…風は強いし、沖合いを見ると白波が立っている(汗
そんな状況なので最初は近場でチョロチョロ始めるのかと思いきや…
ウネリをかわしながら剣崎沖に向かいます。船が出てから…
長○さんに声を掛けられ初めてそこで同船している事に
気付きました。氏は私の後ろ側で右舷胴の間で同船するのは久しぶりですが
結構釣られる方です。蒲田皮研の○本さんも来られていましたが2隻出しが決定して、
直ぐにそちらに移動されました。

010.JPG

航行45分ぐらいでしょうか、ようやく釣り場に到着し剣崎沖の20m前後から
流し始めました。今日もタックルは鬼攻極先軽量化仕様にハリはスピード7.7.5、
フック号を混ぜてスタート。最初の流しでは反応はあるが外道に邪魔され掛けられず…
ミヨシと艫で1枚ずつ釣ってます。私が顔を見られたのは3流し目で、少し魚体が長いので
ウマかと思いましたが28cmの良型。その後は宙でも反応がありポツポツと拾って
行きましたが、宙層で掛けるべく、然るべきロッド…○○○○○○―を出しますが全く掛けられ
ない(苦笑。やはり俺には使えない竿だ…俺のレベルが低すぎて扱えない(^^;)これは
選ばれし「マスター」が使う竿だ…(^^;)

011.JPG 

さらに邪心が芽生え…ここでまた効果がまだ良く分からない○○Dを装着し、青白く
ライトアップされ妖しげに漂うアサリを演出して全てのカワハギを自分の所に寄せて
やろうかと思い投入するが全く反応なし…直ぐ外しました(苦笑  

そんなわけで原点に返り真面目に釣ることにしますが左舷では10時頃まで私を含め
3〜4人が同じような枚数でした。それにしても、ウネリが…大艫は高校生ぐらいの親子連れ
3人と見られる方たちでしたが、大艫側の息子さん達はウネリと渋さで参ってしまった様子…。私も若干気分が悪くなりました(汗 

007.JPG

こんな状況なのでアタっても本アタリまで持ち込めず、掛けてもバラシが
多かったりしてしばらく我慢の時間帯を過ごします。左隣の方もバラシが多いようで
ため息が聞こえます…おそらく皆さんそんな状況だったのでしょう。
こちらの左舷は10時半頃まで数人が5〜6枚ほど釣ってましたが、このあたりから周りは、
ほとんど追加できていない様子で、私がポツリポツリ追加して行くと言った状況。

009.JPG

ようやくツ抜けたのは12時10分で流し変えの時に反対側の長○さんの状況を聞きに行くと
同じ10枚でした。

014.JPG

13時頃まで剣崎沖でしたが、その後は下浦沖のやや沖合でワラサ船の
船団が近くにある場所。ここは魚が着く根があるとのことで、しばらくこの場所を流して
いました。この場所では速いワッペンがいるようでアタリも出ず(出せず)エサが盗られる投入が
数回続いたので速いテンポの誘いで送って聞き上げ追加したりしますが、ベラも速く、
我慢して釣ってました。後半はミヨシでアタリ出して3〜4枚追加していましたが
それでもツ抜け出来なかったようです。左舷でツ抜けたのは私だけで結局15枚で終了。

018.JPG

ツ抜けしたのは右舷艫の方の10枚と長○さんが私と同数の15枚の3名…。
船中釣果はHPでは5〜15枚。別船は○本さんの18枚がトップという結果でした。
流石です…いつか横で氏の釣りを見てみたい…今日は途中速い二枚潮があったりして
オマツリも幾度となくあったので、途中から集寄なしで釣ってました。
反応が止まったらヤ○シタ集寄DX渕野辺ver.2で動きに変化をつけ直ぐ釣れたりも
しましたが、ほとんど単発でした。
今日の状況からすると、凪とまでも行かないまでも通常のコンディションであれば
20枚は楽に狙えた状況だと思います。明日は結構釣れるのではないでしょうか。
ん〜…行きたい…でも明日は、連休最後なので自宅で静養すると思います。



夏休みは…

取りあえず今日から日曜日まで第一次の夏季休暇を
取れたましたが…今日明日は台風の影響もあり、
出船は難しそうな予報が出ているので
明日まで久々に自宅でノンビリする予定です。
明後日以降は船も出られると思うので久比里に向かう予定です。




久里浜〜剣崎沖のカワハギ釣り

8月8日(日)

今日は4時50分に出発し、いつものように、横横道を順調に走行していたが…
覆面パトが私の後ろに着いたので速攻でアクセル全開直ぐ追い越し車線から走行車線
に入って減速しマッタリモードに…覆面は私をあきらめ別の車を探していたが結局この流し
では捕まえることができなかったようで佐原インター料金所でUタ−ンしていった。
点数も金も無いですからね(汗 皆さんも覆面にはお御気をつけ下さい…

002.JPG

そんなわけで6時頃に久比里に到着。雰囲気的に今日は空いてそうだ…
予想が的中し、その後も乗船客は数人しか来ずにカワハギ船は右舷3名左舷4名の7名。
私はいつもの左舷胴の間を確保し、空いているので久々に船宿スタッフの息子さんが右舷
胴の間に入りました。数カ月前辺りから上流の船宿からこちらに定宿を変更してきた上手い方
(以下○本氏)も来られおり今日も大艫で私と同じ左舷側。しばらくすると何回か見かけた
ことがある方が来まして…私を見つけるなり褒め殺されまくりです(苦笑 
こういうことを言う方ほど釣るわけで…氏は(以下○下氏)○○○○○○―を持ち込んでおり私に
とって充分脅威の対象です(^^;) てか俺も持ち込みましたが…

001.JPG

そんなわけで8時に出船しますが船長が「今、剣崎は潮がブッ飛んでいて釣りにならないから
午前中は久里浜でやります」とマイクでアナウンスしました。
とある理由で久里浜ではテンションダウンしてしまいますが…

005.JPG

まぁ仕方ないので気を取り直してスタート。
先週に引き続き今日も鬼攻極先調子軽量化仕様から使い始め、ハリはスピード7、7.5、
パワーフック4.5号をセットし掛かり具合をサーチすることにしました。
それほど活性は高くないが、それなりに隣の方が順調に枚数を重ねます。
私が顔を見たのは2流し目でしたが左隣の○下氏は既に4枚ほど釣ってます。
4倍か…頑張らなきゃアカンな…そうするうちに活性が上がり始め
速い誘いでもエサを盗られる投入が3回ほど続きました。

012.JPG

ゼロテンでも微かにアタッているのは判るがハリ掛かりしない…
そこで掛かりをアシストするべくゼロテンでのラインの張り具合を少しずつ
強めにして行くと掛かり始めました。何れもスピード系に掛かって来るので
この頃から3本全てスピードに変更。集寄は潮の具合を見て、
ピラピラとヤマ○タ集寄DX渕野辺仕様とで使い分けていました。

006.JPG

さて…前回の記事で触れた秘密兵器の投入を試しにしましたが…
L○○を一番下のハリスの下に装着し…最初は赤→トラギスのみ
青→1枚釣れた!(^^) 緑→反応なし 白→ベラ系のみ…全て点滅モードで使用。
大して変わらない気がしたので余計な物は外そうと思い、外したら
即1枚追加…効果はあるのかないのか分からない程度でした(苦笑
この○E○ですが…それ以降は使用しませんでした(^^;)
釣れたら「○○D炸裂!」とでも宣伝したと思いましたが…
まぁ、確かに効く場合もあるでしょうが、それほど騒ぐ事でもなさそうです(苦笑

さて…その後の状況ですが…5、6枚目は宙層で釣れたので、○○○○○○―に
パワーワイドフック4号のタックルを出しましたが、アタリは出るが掛けられず…
しばらくして鬼攻に戻しました。
11時頃に7、8枚を連チャンで上げツ抜けが見えてきます。
隣の○下氏は少し失速し、この辺りで並んだようで大艫の○本氏も似たような釣果らしい…。


そして昼過ぎに地合いが来て1枚釣れた後で連チャンで掛け、巻き上げていると
2枚付いている感触…予想的中で久々の一荷で一挙にツ抜けの11枚。

009.JPG

そして昼前ごろに剣崎沖に移動。移動中に右舷の船宿スタッフの息子さんに状況を
聞きに行くと右舷はさっぱりとのこと…こちらの左舷はミヨシの知らない方は序盤から
アタリが無いと直ぐ寝てしまうようで芳しくない…
しかし、私から艫への3名はポツリポツリと追加はしている。

013.JPG

そうして久里浜沖では13枚釣って午後から剣崎沖に移動。
移動後は最初の投入から2枚追加できて活性は高かったがサイズが小さいようで
なかなか掛けられない…そうこうしているうちに、また渋い拾い釣りの流しが続きました。

010.JPG

しかし14時数分前に本日2回目の一荷(^^) これで18枚になり20枚も射程圏内に。

そしてまた拾い釣りになり3枚追加して21枚で終了。
大艫の○本氏は中盤から追い上げてきたが後半若干失速し17枚、○下氏は15枚でしたが
右舷は胴の間のスタッフの息子さんの10枚がトップという結果になりました。

018.JPG

船中釣果は5〜21枚。しかし今回もミスが多く、久々に雑な巻き上げで2枚逃しました。
あれを獲らなきゃダメです…しかし今日は一日通して曇り空で時折雨が程よく降っていて
涼しかったし、久々に20枚釣れたので、それなりに楽しめました。
そういえば夏休みは5日間取れるので、どうしようか考え中ですが…
今週は盆の時期なので普段休めない水木金曜日を休むか考え中です。
次回もまた久比里から出る予定です。



携帯から…

今日中に更新しようかと思いましたが
プロバイダーの接続障害で更新できません。
携帯からの記事は厳しいので明日以降になります。


今週末の予定

通常なら明日の土曜日に久比里に向かうのですが…
明日は某集まりがあり、時間的には釣りした後でも間に合いそうなのだが
慌ただしいし、遅刻してはイカンので久比里へは日曜日に行くことにしました。

さて…最近気になっているモノがありまして…ここでは伏せておきますが、
先週の土曜日の○下丸に乗った方の中には気付かれた方もいると思います。
例のモノが気になりメーカーに問い合わせたところメールで価格表が送られてきました。
値段ですか?…安いもので5,800円、しかも消費税別…
今まで海の中に放り込むもので高価だったのはタングステンシンカーだったのですが
それをはるかに上回る超〜スーパー○ソ○カ高い○○○です。
アフォらしくなり購入を断念しました。そんなクスぶった中、今日は行きつけの釣り具店の
○模屋に行き、店員さんにその部品について愚痴っていたところ…
じゃあこれなんか良いんじゃないですか?と言われたので購入しました。
機能的には超〜スーパーク○(略 と同じですが効果はどうかわかりません。
誰にもアタリがない状況になったら使ってみることにします。

まぁ、そんなわけで次回の釣行は日曜日久比里からのカワハギ船になります。



剣崎沖のカワハギ釣り

8月1日(日)

泊りこんでの連チャン釣行、今日は剣崎沖の解禁日です。
混雑が予想されますが…昨日のうちに左舷胴の間は確保していたので、それほど
慌てることはないが、目が覚めてしまったので、四時半ごろに宿を後にして数分で到着。
今日は二日目で疲労もかなり溜まるだろうと考え、少しでも早く帰りたいこともあって
奥に車がある程度入って行くのを待って駐車場に入ります。

013.JPG

噂に聞いていたこともあって知り合いや顔見知りの方々はあまり見えないが船で準備を
していたら横浜皮研の○郷さんが見えられ、私が「隣へどうぞ」と声を掛け並んで釣ることに
なりました。あとは蒲田皮研の○本さん等、数人の顔見知りの方が来られましたが、
ほとんどの方は別船に乗船。やはり解禁日という事もあり仲間内で同船する客が多く、
出船前から賑わっています。私は昨日4キロのアサリを剥いてしまったので、アサリ剥き
をしている方々を羨ましく見ていましたが、剥き身のアサリが足りなくなったらしく、
出船30分前に船宿スタッフの方数人がアサリを剥き始めました。
ん〜…手伝いを申し出ようかしばらく考えていましたが、若目の女将さんの剥きが
えらく早く感心しながら眺めていましたが、剥きが早くない女将さんも剥き始めたので
声を掛けて剥かせていただきました(^^;)

015.JPG

船は2隻出しで私の乗るいつもの1号船は片弦10名の20名前後、
別船もそれぐらい乗っていたと思います。そんなわけで8時に出船。
久々の剣崎沖ですが昨日流した竹岡沖と状況がどのように違うのか…

017.JPG

最初の流しは剣崎沖20m前後で、予想通り潮が速くラインが流れて行きます。
タックルは鬼攻極先調子軽量化仕様にスピード7.5〜8号を混ぜて始めます。
今日は昨日とは違い、沖合いは無風…ガンガンに照りつける日差しの中、滝のように汗が
出てくるので意識して水分補給することにします。2回目の流しまで4〜5人が1枚づつ
釣れる程度といったスロースタートで、私も取りあえず顔を見ました。
私の右隣とそのまた隣の方はエビ(おそらくブラックタイガー)の切り身を
使用していて、少しずつペースが上がっていて船中ではコンスタントに釣っている。
今はエビが良いのか…そのうちアサリが良くなってくるだろうと思いながら
渋くて潮が速くて釣りづらい状況の中釣ってました。

018.JPG

それにしても私の右隣からの2人の方は相変わらずエビでよく釣っている…
しかも隣の人(以下「エビ2号氏」)はハリスがグニャグニャしたままで
交換もせず立て続けに3枚釣ってるし(汗。

020.JPG

2つ隣の方(以下「上級エビ氏」)は話を聞いていると上級者のようだ…艫から2番か3番
あたりの人も釣っている。左隣の○郷さんは、出だしは不調で私が4枚目を釣ってから顔を
見ました。そんな状況の中、10時半頃に地合が来て3連チャンし、エビの方と並ぶ7枚目
を釣り、12時45分頃までに9枚。しかし、ここから沈黙の時間が過ぎ潮が速い2枚潮の
時間があったりして船内混み合っているので喰わせの間を取れずバラシ2〜3回のみ。

023.JPG

上級エビ氏と艫2〜3番がポツポツ追加しています。隣の○郷さんも調子を取り戻し
釣り始めました。ようやくツ抜けたのは1時間後の13時45分あたり。
この頃だと思いますが船長が窓を開けて私に…「今、右のミヨシで一荷で3枚上がったよ」
との報告が(大汗 この時間帯は左舷は誰も釣っていない渋い状況でした…
スゲ―…羨ましい…と思いながら隣の○郷さんも戦意喪失しちゃうねぇ(苦笑
と話していました。そこで昨日今日とほとんど探っていない宙層を探り始めます。
アタリはあるが掛からない状況でしたが底よりアタリは出るので我慢して待っていると
大きめのワッペンサイズをゲットし、ここからほとんど宙層を探り、3本全てをワイド
フック3.5号に変更し、その後2枚を追加し13枚で終了。
トップはやはり上級エビ氏で16枚、14時頃に「ここまでエビで11枚以上釣ったよ♪」
と話していました。次点はトリプル達成の右舷ミヨシの方が15枚で私の13枚と続き
ました…。12枚は知っている範囲で2人ぐらい。隣の○郷さんは、かなり出遅れましたが
きっちりツ抜け達成の10枚。隣のエビ2号氏は釣れなくなってから直ぐ寝出して、
その後ほとんど釣りをしておらず、おそらく4枚。船中釣果は3〜16枚でしたが別船は
トップで19枚釣れていたそうです。

025.JPG

今回は途中アタリはあるが吸い込みが弱くしかし潮が速い状況に閉口した時間がかなり
ありましたが、これも修行…好き好んで胴の間を選んで釣っているので仕方がありません。
どのような状況でも釣るのが目標なので、このような状況をいつかは克服できるような
引き出しの多い上級者を目指してこれからも修行を行って行きたいと思っています。

028.JPG

特に今日は終日無風状態で真夏の猛暑の中での二日間の釣行は疲れましたが久々の
カワハギ釣りを満喫できた気もしますし、それなりに充実した二日間だったと思います。
夏カワハギを楽しまれる方は重々承知かと思われますが水分は多めに摂られるようお勧め
致します。ここしばらくの間は熱中症で毎日のように死者がでているので(汗
これからしばらくは久比里での夏カワハギを週末の楽しみにして行きます。

今日の帰り道はそれほど混雑しておらず予想していたより早めに帰宅できたので、
早速行きつけの腰痛マッサージ店に行って二日分の疲労を蓄積させた「板」と化した体を
ケアしてもらい、今日もマッサージの先生と受付のオネーちゃんを笑わせて帰ってきました。


竹岡沖のカワハギ釣り

7月31日(土)

今週末は久々に土日と休めることになったので、
今日と明日連チャンでのカワハギ釣行を行う事にしました。
久比里に到着したのは4時で先行者は1名(台)、早速右舷の大艫は
抑えられてあるが左舷の艫は開いている。私は当然のように左舷胴の間を確保(^^)

しばらくすると久々にmisyuさんとお連れの当ブログ読者の方が
見えられ久々に同船することとなりました。
左舷大艫にお連れの方で艫2番にmistyさんで私は3番目の席です。
船で準備をしているとsonoma999さんが来られ氏は左舷ミヨシです。

001.JPG

そんなわけでそろそろアサリを剥く時間になりましたが、今日の
アサリは夏バテ状態と言いますか…ハッキリ言って良くありません…
前日の雨の影響があったとの話です。
そんなアサリの状態を見るにつけカワハギ船の船長はもう一個(2キロ)
持ってきて、「これ剥いて良いの見つくろってやって」と言われ渡されます(^^)
既に2キロは剥き終えていたので、もう一回剥ける♪と小さな幸せを感じ
船長と雑談しながらそのアサリを剥き終え8時の出船を迎えます。
最初のタックルは鬼攻極先調子「軽量化仕様」で針はスピード7〜7.5号と
パワーフック4.5号、フック4号を混ぜてスタート。

003.JPG

乗船客は左舷6名、右舷7名の13名で今回は竹岡沖。
最初の流しは20m前後で1投入目で左隣のmistyさんがいきなり一荷(汗
初っ端から魚が回って来なさそうな危機感さえ感じました(^^;)

008.JPG

その後若干遅れて3回目の流しで何とか顔を見られ2連チャンし、
その次の流しでも1枚追加。その後タックルをレッドチューンに変更。
しかし右隣の知らない方は身を乗り出しての遠投をして良いペースで
釣っています。おそらくこの時点で6枚ほどですがミヨシのsonomaさんも
それほど釣ってなく、ベラと格闘している感じに見えました。

009.JPG

昼過ぎまでに何とか9枚まで行きましたが、バラシが多く良型を水面バラシしたり
すっぽ抜けたりしてなかなか追加できません。この頃は艫から私の3人が
8〜9枚で横並び状態が続きましたが、しばらくして大艫の御連れの方が1荷(汗
非常に羨ましい…私がツ抜けしたのは13時半でしたが、
この頃、右舷艫2番の方が13枚とのことで、この時点でトップとのこと。

010.JPG

そんなこんなで私はバラシが多く、マルイカの感覚がまだ残っていて
間の取り方が悪くバラシが多いがmistyさんも多い様子…。
序盤順調だった右隣の方は、後半は急ブレーキ状態。

007.JPG

そんな渋い状況でしたが、時折エサがきれいに盗られたりするが、掛けられなかったり
バラシのみ…若干であるがハリをスピード7.5号にサイズアップした途端に
14時に地合が来て3連チャンし13枚。そこから私は2枚追加して15時の
沖上がりを迎え15枚で終了。竿頭は右舷艫2番の方で16枚で右舷では
ダントツだったとのことです。12枚は3人いて左舷ミヨシのsonomaさん、
mistyさんとお連れの方の3名。左舷は艫から12、12、15、10、3、12枚。
今日はやはり日差しが強かったのですが風が少しあったので良かったですね…。

012.JPG
1枚リリース

明日は剣崎沖解禁日なので混雑が予想されますが、どうなることやら…。
去年のことがあるのであまり期待はしません。

その後は宿に向かって速攻で風呂に入りヤギヤ釣り具に行って
明日に備えて早めに寝ました。



プロフィール

渕野辺在住

Author:渕野辺在住
カワハギ釣り専門の釣り
バカブログです。
釣り以外の私生活で感じた
ことなども綴ってたりします(^^;)
神奈川県相模原市中央区
淵野辺在住。
趣味はバッティングセンター
でボカスカ打つ事とアサリ剥き(^^;)。
好きな言葉は、宙でバクバク、
荒喰い、イレパク、 
 サ ル 状態
好きな釣り方は、カックラバーチと
○野さん釣法
好きな曲は
奥華子の楔
尾崎亜美の蒼夜曲
THEBOOMの風になりたい
my little loverの
DESTINYと昔からある場所

Comments...A

openclose

最新記事
過去記事(ログ)スクロール

2018/11 (1)

2018/10 (1)

2018/09 (1)

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (3)

2017/06 (2)

2017/05 (4)

2017/04 (1)

2017/03 (2)

2016/11 (3)

2016/10 (3)

2016/09 (2)

2016/08 (5)

2016/07 (4)

2016/06 (5)

2016/05 (7)

2016/04 (6)

2016/03 (1)

2016/02 (3)

2016/01 (5)

2015/12 (8)

2015/11 (7)

2014/04 (9)

2014/03 (13)

2014/02 (13)

2014/01 (18)

2013/12 (17)

2013/11 (26)

2013/10 (24)

2013/09 (21)

2013/08 (12)

2013/07 (15)

2013/06 (13)

2013/05 (6)

2013/04 (13)

2013/03 (13)

2013/02 (23)

2013/01 (28)

2012/12 (15)

2012/11 (13)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (15)

2012/07 (16)

2012/06 (16)

2012/05 (13)

2012/04 (13)

2012/03 (14)

2012/02 (14)

2012/01 (18)

2011/12 (26)

2011/11 (18)

2011/10 (20)

2011/09 (16)

2011/08 (15)

2011/07 (15)

2011/06 (18)

2011/05 (13)

2011/04 (10)

2011/03 (10)

2011/02 (12)

2011/01 (15)

2010/12 (17)

2010/11 (16)

2010/10 (17)

2010/09 (13)

2010/08 (12)

2010/07 (9)

2010/06 (11)

2010/05 (10)

2010/04 (10)

2010/03 (8)

2010/02 (10)

2010/01 (11)

2009/12 (15)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (12)

2009/07 (9)

2009/06 (6)

2009/05 (10)

2009/04 (7)

2009/03 (10)

2009/02 (12)

2009/01 (15)

2008/12 (14)

2008/11 (7)

2008/10 (7)

2008/09 (2)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンクツリーV1.1a
今日の日付入りカレンダー

07 | 2010/08 | 09
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-