カワハギ釣り メタルトップを考える
FC2ブログ

メタルトップを考える

タイトル通りで竿の話ですが…

メタルトップの利点ですが、アタリが明確に釣り手に伝わることと、

何と言ってもボキボキ折れようが5年間の無償修理の保証が付いてくる…

以上の2点に尽きると思います。

やはりこの保証を付けたおかげで、圧倒的なシェアを広げたと言っても過言で

ないと思います。 この保証がなかったら…クレームの嵐で大変な事になっていたでしょう(爆

しかしこのメタルトップ…

2年ほど前から考えていることですが…

明確に釣り手側にアタリが伝わるということは逆に考えてみると…

それは魚側に対して明確な違和感として伝わっているのではないかと考えたりもします。

まぁ自身のヘタクソさを棚に上げてしまいますが…極端な例を挙げると

棒(俗称レン○マ○ター)なんかだとほとんどゼロテンで掛けられないし(w

ゼロテンはラインテンションの張り具合が肝であると思いますが、やはり硬めの竿で

釣るには私にとっては難しく…ピラピラを付けたりして加減を調整したりもしますが…

いえ、今シーズンは勢いよく喰ってくる場合も多いので掛かる場合もありますが

通常の状況の拾い釣りでのトップで20枚以下の船で潮先ではない状況では、

ほとんど掛けられません(汗

あともう一点ありましてメタルトップ特有の持ち重り感…

この対処法としてかどうかは定かではありませんが、モデルチェンジするたびに

竿の長さがどんどん短くなっていってます。これは、軽量化を図る事と同時に

メタルトップの持ち重り感を軽減するためでもあるとも思います。

まぁ道具の話を考えますとキリが無くなりますが…

これは正直な感想であって決して某社製品に対する悪口ではありませんので …

でも誤解してる方は別に誤解してもらったままでも構いませんが(爆w


また魚側が感じる違和感に話を戻しますが、そこそこ活性は良いが、食いが浅く

バラシを連発したりする状況もある時にはそのことも原因ではないかと思ったりもします。

それぞれの釣り人によって何を求めるか、また釣り方も全く違うので一概に言えませんが

メタルトップは確かに感じられるアタリの数は多いと思われます。

ただそれをどう生かすのか…

プロ級の方とは違うヘタクソな私にはやはりまだ充分生かし切れてません(苦笑

アタリは明確に数多く伝わってきますが…

自分の場合は…あ。魚はたくさんいるのだなと…そんな感じ(w

やはり超絶名人の方々はどのような竿であろうが高釣果を挙げられます。

一般の方々はどうなのか。

やはり流行に流されず、自身の好みや釣り方等を心得た上で値段にもとらわれず、

選択された方が宜しいかと思います。

なんかあっちこっち行って話がまとまりませんでしたが…(^^;)
 

明日はいよいよダ○ワのカワハギ釣り大会(DKO)の決勝戦が行われるわけですが…

今回も情報屋を潜伏させる事に成功したので、状況や結果などが分かり次第更新

しようかと思います(^^) 参加されます皆様、出来る限りのベストを尽くせるよう、

頑張って程よい緊張感の釣行を楽しんで来てください(^^)v。



にほんブログ村 釣りブログ カワハギ釣りへ
にほんブログ村

↑  ↑  ↑
ブログランキングに参加しております。良かったらクリックしてくださいm(__)m
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

No title

>>たけさん

コメントいただきありがとうございます。

メタルトップはアタリ自体数多く拾えますが、そのアタリの種類の違いも

判ったりするので、確かに面白い竿だと思います。

最近私はカーボントップのナチュラルさ(?)が気に入っていまして、

目感度重視の釣りを楽しんでいます。そんなわけで手にも馴染んでいる

鬼攻極先調子をよく使用しています。

またシ○ノ大会ですがやはり各船宿は1隻らしいのでパ○屋さんとも

同船確定です(^^;)。私はダ○ワの回し者のような格好をしていますので

直ぐに見つかると思います(w

当日は適当に楽しむつもりなので宜しくお願いします(^^)

No title

 こんばんは。またコメントさせていただきます。
 私はレッドチューンと1454を使ってます。
ゼロテンをやるときに、グリップを軽く握って中オモリ抜きでやったらアタリが弾かれないんじゃないかとか色々試行錯誤しましたが、レッドでオモリ着底系をやる場合には2号程度の中オモリが必須という結論に至りました。中オモリ以下の適度なタルミが必要みたいです。

 メタルトップは宙で掛ける釣り、特にワッペンの数釣りをやるのにはなんだか理由は分かりませんが良く釣れるし楽しいですね。

 ホームの洲崎ではオモリ着底系でのモゾモゾアタリをとる必要があるのでシマノの柔らかい穂先を愛用してます。

 週末のシマノの大会は偶然にも同じ瀬○丸に乗るのでスタート前までに淵野辺さんを探してご挨拶させていただきます。
プロフィール

渕野辺在住

Author:渕野辺在住
カワハギ釣り専門の釣り
バカブログです。
釣り以外の私生活で感じた
ことなども綴ってたりします(^^;)
神奈川県相模原市中央区
淵野辺在住。
趣味はバッティングセンター
でボカスカ打つ事とアサリ剥き(^^;)。
好きな言葉は、宙でバクバク、
荒喰い、イレパク、 
 サ ル 状態
好きな釣り方は、カックラバーチと
○野さん釣法
好きな曲は
奥華子の楔
尾崎亜美の蒼夜曲
THEBOOMの風になりたい
my little loverの
DESTINYと昔からある場所

Comments...A

openclose

最新記事
過去記事(ログ)スクロール

2018/11 (1)

2018/10 (1)

2018/09 (1)

2017/12 (2)

2017/11 (4)

2017/10 (3)

2017/06 (2)

2017/05 (4)

2017/04 (1)

2017/03 (2)

2016/11 (3)

2016/10 (3)

2016/09 (2)

2016/08 (5)

2016/07 (4)

2016/06 (5)

2016/05 (7)

2016/04 (6)

2016/03 (1)

2016/02 (3)

2016/01 (5)

2015/12 (8)

2015/11 (7)

2014/04 (9)

2014/03 (13)

2014/02 (13)

2014/01 (18)

2013/12 (17)

2013/11 (26)

2013/10 (24)

2013/09 (21)

2013/08 (12)

2013/07 (15)

2013/06 (13)

2013/05 (6)

2013/04 (13)

2013/03 (13)

2013/02 (23)

2013/01 (28)

2012/12 (15)

2012/11 (13)

2012/10 (24)

2012/09 (18)

2012/08 (15)

2012/07 (16)

2012/06 (16)

2012/05 (13)

2012/04 (13)

2012/03 (14)

2012/02 (14)

2012/01 (18)

2011/12 (26)

2011/11 (18)

2011/10 (20)

2011/09 (16)

2011/08 (15)

2011/07 (15)

2011/06 (18)

2011/05 (13)

2011/04 (10)

2011/03 (10)

2011/02 (12)

2011/01 (15)

2010/12 (17)

2010/11 (16)

2010/10 (17)

2010/09 (13)

2010/08 (12)

2010/07 (9)

2010/06 (11)

2010/05 (10)

2010/04 (10)

2010/03 (8)

2010/02 (10)

2010/01 (11)

2009/12 (15)

2009/11 (13)

2009/10 (15)

2009/09 (15)

2009/08 (12)

2009/07 (9)

2009/06 (6)

2009/05 (10)

2009/04 (7)

2009/03 (10)

2009/02 (12)

2009/01 (15)

2008/12 (14)

2008/11 (7)

2008/10 (7)

2008/09 (2)

オンラインカウンター
現在の閲覧者数:
リンクツリーV1.1a
今日の日付入りカレンダー

08 | 2019/09 | 10
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -
QRコード
QR
天気予報

-天気予報コム- -FC2-